ブログ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 

2018年 2月 21日 私が担任助手になった理由 ~荒井担任助手version~

こんにちは!担任助手の荒井です。

そろそろ国立の試験日が近づいてきましたね~

受験生のときあともう少ししかないと校舎に来て最後の追い込みをやっていたのを思い出します。

周りの友達が受験終わり始めて気が散ってしまいがちな人もいると思いますが、気を強くもって試験当日までやりきりましょう!

 

今私は担任助手という仕事をしていますが、それは先ほど少し書いた受験生のときの経験があるからです。

国立理系志望だったため、科目数も多く、やらなきゃいけないことがたくさんあって毎日机に向かう日々でした。

そんな勉強しているなかで、このまま勉強していけば成績があがるのだろうか?

と不安になったときに、勉強法の相談にのってくれたのが担任助手をしていた方々でした。

当時自分の担当だった鈴木担任助手には志望校が同じだったこともあり、苦手な数学の二次試験の対策をどうやっていくか質問したり、英語を効率よく勉強するためにはどうすべきかアドバイスくれたり、そして悩んだときには僕が納得するまで話を聞いて不安を和らげてくれたりと、本当にお世話になりました。

 

きつい受験をのりこえられたのも担任助手のおかげです。

自分がした苦労をこれからの受験生が乗り越える手伝いをしたい、そしてお世話になった担任助手に恩返しがしたいと思って、今現在まで担任助手をしています。

 

これからもみなさんの勉強のサポートをしていきますので、わからないことや困ったことがあれば、気軽に声をかけてください!

みなさんのことを応援しています!

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ

鄭担任助手

 

2018年 2月 20日 ~合格速報・2月20日現在~

2018年 2月 19日 私が担任助手になった理由-柳澤-

こんにちは!

最近は春らしい天気の日も多くなってきましたね。

花粉症の脅威が迫っています…。柳澤です。

さて、今日はなぜ私が担任助手になったかについて書こうと思います!

私が担任助手になろうと思った理由は

担任助手はキラキラしていてかっこいいと思ったからです!

 

生徒時代から死ぬほど努力して自分の志望大学に行って

スーツを着て自分の話を親身になって聞いてくれる担任助の方々に純粋に憧れました。

 

受験期は学習机の前に「筑波大学に行って担任助手になる」と決心した紙を貼って

挫けそうになったときはその紙を見て奮起するようにしていました。

 

合格をいただいた時、改めて担任助手の方々へ感謝し、

自分も与えられる側ではなく、与える側になりたいと思い、担任助手になることを決意しました。

 

受験期に支えてくれた助手の方々には今も感謝しています!

 

 

早くイケメンの久保井さんが戻ってきてほしいですね(小声)

 

 

明日の開館時間

11:30-21:45

明日のブログ

池田担任助手

 

 

 

2018年 2月 18日 1年前から今まで

こんにちは、浅見です。

最近は再びボーカロイドが人気だそうですね。自分は今、「ヒバナ」、「彗星ハネムーン」、「失想ワアド」などをよく聴きます。

毎日の話題にボーカロイドが登っていた中学生の頃が懐かしいです。

ちなみにヒバナはあらきさん、彗星ハネムーンはまふまふさん、失想ワアドはJubyphonicさんのカバーがお勧めです。

 

今日は私が担任助手になった理由と経緯を書きたいと思います。

元々は、第一志望校である筑波大学に合格したら志願しようと思っていました。しかしながら、センター試験で失敗し結果は不合格。私立の本命である東京理科大学には合格できましたが、担任助手にはならないと一度は思いました。

 

その頃、3月上旬の私は沢山の選択を迫られていました。

どこの大学に進学するのか?学ぶ内容が筑波大の理工学群に近い理科大に行くのが妥当かもしれない。しかしBE学科は開設2年目で知名度が薄い。就活には中央大が有利かもしれない…。

私大に通わせてもらう以上、経済的な自立を少しずつ目指さなければならない。何の職種に就くべきか。

将来就きたい職業に関して、より上の大学の同じ専攻の人達に負けないために、何が出来るか。どんな資格を取るべきか。

特に進学先については両親と慎重に話し合いました。迷いに迷って、一睡もできない日が2日あったほどです。

 

悩み抜いた果てに、進学先は現在の東京理科大と自分で満足のいく選択ができました。

しかし、就くアルバイトについては、最後まで答えが出ませんでした。

 

途方に暮れていて、取りとめもなく外に出た時、自分の中でこのような思いが浮かんだのです。

 

「確かに、自分は第1志望校に不合格で、受験生活も順風満帆とはいかなかった。でも、担任助手の仕事をやってみれば、今までの自分と向き合っていけるかもしれないし、山あり谷ありの自分の経験は後輩たちにも役に立つかもしれない。人と話すことは好きだから、今しかない採用のチャンスに賭けてみてもいいのではないか。」

 

そう思い立ち、校舎長にその志願理由を話し、その後採用され今自分はココにいるわけです。

 

勿論指導者として責任が伴うため、厳しい場面も幾度もありました。しかし私はココで後輩たちの指導の中で自分の過去と向き合い、人生を正の方向に向かわせられるように努力が出来るようになりました。また、教育関連の仕事に就きたいと考えている私にとって、この進路指導の仕事は大変役になっています。

また、後輩たちの成長する姿を見られたこと、そして彼等とも良き「仲間」になれたことが何よりの宝物です。

 

自分と向き合いたい人、教育の仕事の一端を知りたい人、やる気がある人。

是非とも話を聞きに来てくださいね。いつでも話します。

 

明日の開館時間

10:30-21:45

明日のブログ

柳澤担任助手

 

 

2018年 2月 17日 私が担任助手になったキッカケ~石橋Version~

徐々に進路が決まりつつある生徒も出てきましたね。

一年があっという間に感じました。石橋です(+o+)

 

今回は「担任助手になったキッカケ」について話そうと思います。

一つ目は、受験に後悔が残ったから。

二つ目は、胸を張って頑張ってと言えるものが欲しかったから。

担任助手という仕事は、生徒と話すだけが仕事じゃないです。

でも、私は生徒と話していて、目の前で目の色を変えたように変わっていく生徒を見ることが出来る

この仕事に、やりがいも楽しさも感じています。

今はまだ、できないこともやりたかったこともたくさんあります。

このまま終われません!!

2年目はまた違った形で西新井校に貢献できるように頑張りたいと思います!

独立自尊の社会・世界に貢献する人財を目指して。

 

 

8:00~19:00

明日のブログ

浅見担任助手