ブログ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 

2018年 11月 17日 メンタルケア

 

こんにちは、担任助手の渡部です。

突然ですが、みなさん

 

メンタルケア

 

はやっていますか?


この時期になると受験生は

 

模試の点数が全然上がらない…

 

とか

 

今までこんなに頑張って来たのに…

 

とか

 

いろいろな感情が渦巻いて、メンタル的にやられてしまう人がいます。

そんな時は、メンタルケアをして、自分の精神と心を労わってやりましょう。

そこで、渡部から3つ、最強のメンタルケアを伝授しておきます

 

1.適度な運動をする

定番ですね。メンタルがやられているときに運動をすると良いストレス発散になります。

2.メンタルがやられている原因を探る

なぜ?メンタルがやられているか、具体的な理由や原因を探りましょう。そこが明確化されることでその感情に対してどのように対処していけばいいかの具体的な方法が浮き彫りになってきます。

3.周りに相談する

親でもいいし、兄弟でもいいし、学校の先生でもいいし、親友、友人でもいいし、もちろん我々、担任助手もいつでも待っています。

 

ぜひ、参考にして、自分のメンタルケアに役立てていってください!

明日の開館時間

8:30~19:00

明日のブログ担当担任助手

石橋担任助手

 

 

2018年 11月 16日 メンタルについてどう考えているのか?

どうも皆さんおはこんばんにちは!

担任助手1年の山添智広です!

今回は受験生なら

誰しもが経験する

「メンタル」について

僕なりの考えを書いていこうと思います

「メンタル」皆さん強い方ですか?

11月の中頃になって

センター試験まで残り2か月となりました。

そろそろ焦りや不安などから

勉強に向かう気持ちであったりが

以前よりも落ちてきている人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

僕の場合、

11月くらいから徐々に演習時の点数が落ちてきてしまいました。

(俗にいうスランプ?)

解いても解いても

点数が下がる。10月の良かった時の自分に追いつけない。

どうすればいいのかわからない。

みたいな状態でした。

当然12月のセンター最終模試は点数を下げ、

年末はセンター英語が110点を切るまでおちました。

そのころ意識して、いつも思っていた言葉が

「明日は明日の風が吹く」

という言葉です。

今日がダメでも今日は今日。

明日になったらよくなっているかもしれないから、

明日を信じる。

みたいなことを考えていました。

僕は久保井さんと違って

生産性とか難しい言葉はよくわからないし、

他の担任助手と違って成績が良いわけではないので、

参考にならないかもしれないけど

明日に希望をつなぐために、今日を頑張ろうと思っていました。

その一日一日の積み重ねが

もしかしたらいい結果に繋がるかもしれないので、

そんなようなことを思いながら、

日々勉強していました。

全国統一が終わって

結果が振るわなく、勉強に対する

やる気が下がっている人も多いと思います。

それでも

粘り強くやっていれば

神様は最後に笑ってくれると思います。

 

明日を信じて一日一日頑張っていきましょう。

明日の開館時間

8:30~19:00

 

明日のブログ担当担任助手

あの渡部さんです!

 

 

 

2018年 11月 14日 勉強はあと3ヶ月ほど

こんにちは!1年の吉田です!

だんだんと冬めいてきて、マフラーが欲しくなるような季節になってきました

季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね

私の周りにもマスクしている人が増えてきました

受験生は風邪引いたらほんとにしんどいので気をつけましょうね!

 

さて、もうそろそろ受験本番が見え始めたところで、今日は残りの受験生活について主に気持ちの面で話していこうと思います!

今の時期、皆さんは点数が伸びて手応えを感じてきているでしょうか?私自身はちょうど10月の全国統一高校生テストでやっと伸びたと実感して勉強が楽しくなってきた時期でした笑

きっとみんながみんなそうではないと思います

特に今は推薦入試でちらほら受かり始める頃です

クラスの周りの子がどんどん受かっていくのに自分はまだまだ勉強を続けていかなければいけないのは中々厳しいものがありました

このままの勉強で大丈夫なのか。

倍率が怖い。

たくさんの不安要素があると思います。

 

私から受験生にお伝えしたいのは、「他人は他人、自分は自分だ」ということです。

今まで頑張ってしてきた努力も工夫も、何一つ無駄にはなりません。それを本番の試験でどれだけ発揮できるかどうかなのです。

いまは辛い、勉強したくないと思うかもしれませんが、この死ぬほど勉強する期間は今だけだと思えば死ぬ物狂いで志望校を目指せるのではないでしょうか?

 

本当にみんな頑張っていると思います!

それをどうか試験当日まで継続してください!

今まで見えなかった自分が見えてくるはずです。

あと数ヶ月!頑張っていきましょう!!

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

今井担任助手

2018年 11月 10日 精神安定のために少し考えを変えてみよう

こんにちはー!

寝るときはコント聞きながら寝てます。

担任助手の久保井です。

リラックスできて、すぐ寝れますよー!
 

今日のテーマはポジティブネガティブシンキングです。

 

最近こんなメンタルの人はいませんか?
時間がない。

理科が伸びない。

過去問とか謎。

周りの友達が推薦を決めている。

本当に大学に受かるのだろうか。

もうクリスマスなのに今年も彼女いないし ・・・。

 

今の時期、受験生の皆さんはネガティブになりがちだと思います。
その気持ち、すごくすごくわかります。

かといって、

「とにかくポジティブに考えろ!!」

という方法も論理的ではないですよね。

 

ズバリ、僕の導いた答えはこれです。

生産的ネガティブか、客観的ポジティブになれ」

生産的なネガティブ
【名詞】結果が伴わず、自信を失うこと。だが、結果を残すために試行錯誤している様子。

客観的なポジティブ
【名詞】自分のことに自信を持っていること。だが、自分を外から見る視点を持ち合わせている。

(久保井辞典より引用。)

 

何じゃそら、という人のために具体的な例を挙げてみましょう。
<生産的なネガティブの生徒>
英語の点数が伸びないよどうしよう。このままじゃ受からないよなあ。このままじゃマジでヤバいから、もう少しあそこをこうしてこれをああしてやってみようか・・・

<客観的なポジティブの生徒>
英語の点数がよくなってきた!!この一ヶ月単語の増強に力を入れたおかげで文中に不明瞭な部分が少なくなってきたな。ただ、時間の側面ではまだ満足できないから、もっと負荷を掛けていこうか。

 

どちらの生徒にも共通して言えるのは、次を見通して考えていることです。

意味もなく落ち込んで何も手に着かない

過去問や模試の出来一つで浮かれている

そんな時間が一番もったいないです。

 

精神面の管理も受験勉強の一つです。

二つの思考法を駆使して厳しい冬を乗り越えましょう!!!

 

明日の開館時間

8:30~19:00

 

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手

 

 

2018年 11月 9日 未来は変えられる

 

  • こんにちは!担任助手の熊田です!

日中は上着一枚で過ごせるけど、夜になると上着一枚ではかなり寒い季節になってしまいましたね...

自律神経が弱い人は、寒いと胸がざわついたり、不安になったり、焦燥感が出たりするそうです。

気をつけましょう!

 

ただでさえ、この時期は受験生にとって不安ですよね。

努力しているのに点数が上がらなかったり

模試の判定がずっとE判定のままだったり、

大学の過去問が難しくて全然解けなかったり、、、

第一志望校に合格する自信が無い人はたくさんいると思います。

 

でもそれは未来のことですよね?

未来に絶対はありません。

極端に言えば、どんなに今日元気な人でも明日死ぬ確率はゼロではないのです。

つまりは、未来に100%はないし、

0%もないということです。

だから私は未来のことでくよくよする必要は無いと思います。

でも、今行動しなければいつまで経っても未来の可能性はほとんど変わりません。

未来の可能性を1%でも上げたい人は、

今この瞬間すべてをその未来にかけて行動してください。

そうすれば必ず結果はついてきます。

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30〜21:45

 

明日のブログ担当担任助手

久保井さんです!