ブログ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 

2018年 10月 19日 今の時期だからこそ言えること

こんにちは! 担任助手の久保井です。

だんだん朝が寒くなってきましたね・・・。

僕には優しい季節になりました。

これからは今まで以上に体調管理には気を付けるようにしてください!

ちなみに僕は体調を崩しました!オイ

 

さて、今回はこの場を借りて高3生の皆さんにメッセージを伝えたいと思います。

 

今年もあと二か月半を切りました。もっと言うと、

センター試験まであと約12週

来年3月まであと約18週半

・・・です。

まだまだあるかと思いきや、残された時間はそんなに長くはありません。

と同時に、

長く苦しい受験生活のゴールもまだまだ先かと思いきや、意外とそんなに遠くではありません! 

いよいよこれからラストスパートに入るわけです。

 

これからの時期で大事なことは

「今までの自分の努力を信じる」ことと

「当日試験問題を解けるようにすることのみを考える」ことです。

当たり前のことかもしれません。だからこそ大事なことです。

先に言っておきますがセンター初日は恐らく今までにないくらい緊張するかもしれません(笑)

 そして言いようのない不安に駆られるかもしれません。ただ成功できるかどうか分からないから不安になるのです。

でも

そんなことを始める前からくよくよ気にしたところで完全に無意味です。

気にしたところで何も得るものはありません。

無理な話かもしれませんが、

生産性のないことをくよくよ考えるのは完全にシャットアウトしてください。

そして今やるべきことのみを考えましょう。

あとは試験問題を解くだけです。

 

そしてもう一つ。

皆さんが二次試験で最高に気にする数値のひとつ、倍率

はっきり言いますが、

これからはこの倍率なんてものをくよくよ気にするのはやめにしましょう(笑)

 というのも

この数字は合格する確率を表した数字でも何でもないからです。

全体母体の中で自分が上からどの位置にいるかなんて分かりません。

分かったところでそれは挽回すればいいだけのことです。

そして挽回するために周りの人間を蹴落とし

自分の順位を上げる特殊能力なんてものは甚だ必要ありません。

必要なのは自分の学力、そして試験会場の空気に押されない精神力のみです。

周りの人間を操るような能力がない受験生全員にとって、

周りの人間の出来を気にすることが完全に無意味です。

つまり大学受験は自分がどれだけ努力できたかが全てということです

 

これからは失敗したらどうしようなどとは考えず、

ひとまず目前の入学試験を乗り越えることだけを意識して

日々の学習に取り組むようにしてください。

 

明日の開館時間

10:00~21:45

 

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手

 

 

 

 

2018年 10月 18日 10月がラストチャンス

こんにちは!担任助手の熊田です。

去年の今頃は風邪を引いて声が全くでなくて、面談を延期してもらったことを今でも覚えています(笑)

体調管理しっかりしましょう!手洗いうがいだけでもだいぶ変わりますよ!

 

 

 

さて、今日はこの時期だからこそ出来る話というか、

この時期しか出来ない話をします。

 

皆さんは自分の志望大学やセンター試験で最終的に取らなければいけない点数を

きちんと把握できていますか?

もし出来ていない人がいたらいち早く決めてください。

東進のセンター模試も残すところあと2回です。

合格するために必要な点数から逆算して、

あと2回の模試でどのように伸ばしていくか

しっかり考えておくようにしましょう。

どんなに今の自分の点数と志望校合格に必要な点数がかけ離れていようと、

試験は待ってくれません。

 

なので、受かるために必要な最短ルートの勉強を考えるようにしてください。

そしてそれを考えられるのは、もうこの時期しかありません。

 

11月以降になると、考えて実行しようとしても本番までに間に合わなくなってしまうかもしれません。

 

なので、この時期にもう一度、今の勉強を見直してみて下さい。

 

迷っていること悩んでいることがあれば、

一人で決めるのではなく担任助手に聞いてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

 

明日のブログ担当担任助手

久保井担任助手

 

 

 

 

2018年 10月 16日 部活について山添はどう考えているのか?

どうもみなさんおはこんばんにちは!

担任助手1年の山添智広です!

他の担任助手が英語や過去問について、

自分の体験を語ってくれているので、

今日は全然関係ない部活について、

話していこうかなと思います。

今回は僕の独断と偏見が大分入っているので、

興味ない方はブラウザ・バック押してもらって結構です。

僕は高校生の時、

陸上競技部に所属していました。

僕の高校の部活は東京都の中でも、

割と有名だったため、

練習もなかなか大変で、毎日朝練があり、

平日は毎朝6時10分の電車に乗っていました。。

もちろんテスト1週間前は練習がありました。

一応3年の6月まで部活を続けさせてもらい

そのあと受験勉強を本格的に始めました。

その時と今担任助手をやっていて、

思ったことを正直に話すと、

大学受験のみを考えたときに

部活をやるというのは

3利あって、97害くらいあると思います

ぶっちゃけ部活をやっていたら、

当たり前だけど時間が削られます。

部活に入らなければ、その時間勉強にあてた場合

2年間毎日プラス3時間続けたら

2000時間くらいは差がつくわけです。

逆に

僕の場合、部活やっていてよかったなと思うのは

最後までやる執念がついたかなということです。

それでも、

時間があった方が絶対有利だし

もちろん部活をやっていて合格できる人なんて

いっぱいいると思うけど

絶対的に?見たときに

勉強に充てる時間が多ければ多いほど

絶対に受かる確率は上がります。

ただ

部活をガチでやっている人は

受験勉強のために部活をやっていないとおもうし

部活の合間に勉強をやっているみたいな感覚の人も絶対いると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

受験って勉強のことしか見られないじゃないですか

だから部活をいくら頑張っても

勉強の成績が上がることはないわけです。

最近思うのは

部活に限らずなんでも努力したことが

バロメータとして蓄積されて+受験当日の成績で

合否が判断されたらいいのになあということです。

 

 

 

 

 

 

なんかここまで夢のない話をしてきましたが、

部活に限らず

なにか一生懸命やったことは

自分の経験として残っていくと思います。

もちろん人生は受験がすべてではないし

ほんの一部です。

だから

今しかできないことをやらないで、

後になって後悔するのが一番もったいない

部活やっている人、やっていない人いると思いますが

一日一日覚悟を決めて過ごせば

その人の人生にとっていい結果になる

一つの選択になるのかなと思いました。

めっちゃ偏見入っていると思うので、参考程度にお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

 

明日のブログ担当担任助手

糸山さんです!?
 

 

 

 

 

2018年 10月 14日 過去問演習について

こんにちは!一年の吉田です!

今日は二次の過去問演習についてお話していきたいと思います。

みなさんは赤本解き進められていますか?

私は去年9月の後半から過去問を始めたので、復習の仕方や日々の勉強との兼ね合いが定着し始めた時期でした。

まだ過去問演習を始められていない人はすぐに始めましょう。

たまに受講が終わっていないので終わってから…という人がいますが、

そういう人は大体受講を消化するだけになっていてアウトプットが出来ていない人が多いです。

実際第一志望はどのような問題が出題されているのか、時間配分はどのように設定すれば最大限に自分の力が発揮できるのかなど

過去問演習には志望校合格に近づく一番大事な要素です!

受講では、過去問にでてくる問題形式をどうすれば攻略できるのかということを考えて進めていけるとよいですね!

 

 

寒暖差が激しいうえに秋の花粉も飛び始めて、生徒にもちらほら体調を崩す人が見られます。

気を引き締めて、体調管理にも気を配って生活していきましょう!

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

今井担任助手

2018年 10月 13日 英語の必要性

 

こんにちは。

担任助手の糸山です。

 

10月ももう半ばを迎え、2週間後には全国統一高校生テストが待ち構えています!

受験生の皆さんは今自分の苦手分野を潰したり、過去問を解いたりと勉強に明け暮れていると思います。人によって受ける教科は違いますが、英語だけは誰もが避けては通れないものですよね。

 

では、なぜ英語を勉強しなければならないのでしょうか?

 

大学入試で使うから?

いや、それは目先だけの事です。より広く考えてみて下さい。

 

就職で有利だから?

確かにそうですね。最低でもTOEIC600点は必要だと言われています。

 

 

なぜ英語を勉強するのか。

その答えは人によってさまざまだと思いますがこの答えに全て帰結すると思います。

 

 

英語を勉強する理由、それは

 

これから日本と外国の境界線がどんどん曖昧になっていくから!

 

グローバル化と言い換えても良いですね。

 

今までは英語は特別必要なものではありませんでした。

海外へ進出せず国内市場だけで儲けている企業も多くありましたし、

海外旅行でもしない限り英語を話す機会はなかったと思います。

 

しかし、時代は変遷のときを迎えます。

日本は現在少子高齢化など多くの問題を抱え、日本だけで補うことが難しくなりました。

企業は海外進出をしないと新たな利益は見込めず、また海外から多くの人が働き手として流れ込んできています。

また、2020年には東京オリンピックもあるので観光客は増加の一途をたどるでしょう。

 

 

私たちがなにもしなくても、英語を使わなければいけない世界はやってきてしまいます。

 

これからの社会を生きていくために英語は必要不可欠のものとなっていくのです。

 

 

英語の必要性について小難しく語りましたが、とにかく大事なのは英語ができることは当たり前の世の中にこれから変わっていくということです。

 

今のあなたの頑張りが一生を左右するかもしれません。

 

また、英語はこの一年だけ勉強していればいいというものではありません。大学生になっても続けないと能力は落ちてしまいます。

 

東進では大学に入ってからもビジネススクールという英語を学べるものがあります。今事前申し込みをすれば、本申込の時に割引になります。英語の必要性を踏まえ、申し込みしてみてはどうでしょうか?

 

〆切は10月31日までです!!

 

良い決断をすることを期待しています。

 

 

明日の開館時間

8:30~18:45

 

明日のブログ担当担任助手

吉田担任助手