ブログ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 

2019年 2月 17日 センター国語8割突破する方法!

こんにちは!担任助手の熊田です!

今回は、センターの点数を伸ばすにはどうすればいいのだろう?というテーマですが

他の担任助手が結構英語について話してくれているので

私からは国語の点数を伸ばす方法をお話ししたいと思います!

タイトルでセンター国語8割突破と言っているのは何故かというと、

国語8割は、私が受験生だった時の必達目標であり、

私がセンター試験本番で取った点数だからです。(現古漢でぴったり160点でした。)

本番では目標を達成することが出来ましたが、

高校2年生の終わりごろまで、国語の点数は全然安定していませんでした。

130点取れる時もあれば80点しか取れない時もあり、

波がかなり激しかったです。

そういう人は結構いると思います。

しかし、私はそこから1年間の受験勉強を通して国語の点数を安定させることが出来ました!

たまたま本番で良かったのではなく、

高3の夏終わりごろに安定して150点前後取れるようになってきて

そこからの本番160点です。

私は国語で一番大切なのは「安定して点数を取ること」だと考えています。

なのでこれから

どうすれば国語で安定した点数を取れるようになるのかについてお話していきます。

(私は現古漢型だったのでそれで話を進めますが、現古型、現代文型の人はそれに置き換えて読んでください。)

言いたいことはたくさんあるのですが、今回は二つに絞ります。

それは

①苦手な分野を絶対に作らないこと

②演習→分析・復習を繰り返すこと

です

まず①ですが、

国語の配点は大問一つにつき50点です。

例えば古文がもともと苦手であんまり点数が取れない人がいたとします。

そのままずるずるとそれを引きずってセンター本番を迎え、そんなに苦手でもなかった現代文の評論が難しく、

思っていたよりも点数が取れなかったら、、、

大問4つあるうちの2つで点数が取れていないことになります。

そうなるとかなりの痛手ですよね?

どんなに他の大問が良くても限界があります。

逆に、どの分野もある程度の点数を取れる力がついていれば、

どれかの大問が難しかったり、ちょっと失敗してしまったりしても、

他で挽回することもできるし大失敗してしまうリスクも低くなります。

なので、苦手な分野は少しでも早く克服しましょう!!

その苦手の克服方法が知りたいんだよ!!!って思いますよね。

その話はセンター国語8割突破とは少しずれてしまうので今はちょっとだけ話しますが、

苦手を克服するためには他のものよりも多く勉強する尽きると思います。

スポーツや音楽と同じように自分の苦手な部分はひたすら繰り返してやるしかない道はないです!

 

話を戻して、

次に2つ目ですが、

これは古文漢文に関しては基本的な単語や文法や語法を修得している前提です。

多くの人は普段、現代文のような難しい言葉を使った長い文章や

古文、漢文のように古語を使った文章を読む機会はないと思います。

なので、まずはたくさん演習して文章読むことに慣れましょう!!

そして演習が終わったら、問題の正誤に関わらず

自分が何を根拠にして解答したのか確認して

分析するようにしましょう。

それを繰り返していると段々点数が安定して取れるようになってきます。

ただ闇雲に演習ばっかりするのではなく、分析の部分が重要です!

その部分が抜けてしまうと点数の安定には繋がらないと思います。

 

 

これは他の教科でも言えることなので是非受験勉強ではこれを意識してみて下さい!!

 

 

明日の開館時間

9:00~21:45

明日のブログ担当担任助手

橋本担任助手です!!

2019年 2月 16日 センター英語8割突破法

こんにちは!今井です。

今日はセンター英語の得点をあげる方法について話したいと思います。

私は高校2年生の2月中旬に東進に入学しました。

当時の点数は…100点でした。

半分くらいわからなかったのでヤバいと思い、入学してから必死に勉強しました。

具体的には東進の高速基礎マスターをやりまくりました。

どれくらいやったかというと

学校の休み時間にやったり、

スポーツ大会の自分の試合がない時にやったり、

登下校中にやったり、

とにかくたくさんやりました。

2月中旬に入学してから4月までの約2か月で

1800、熟語、文法、基本例文まで終わらせました!

そして、4月模試では162点をとることが出来ました。

62点UPです(*^^)v

2か月で8割を超えるためにやったことは

高速基礎マスターと受講1講座だけです!

ほんとにこれだけです。

センター試験は基礎中の基礎なので、基礎を固めることがセンター試験の対策になります。

後はセンター演習です。

とにかくたくさん解いて時間配分を考えたりや苦手分野を重点的に演習したりします。

 

特に新高3生のみなさん!!

4月模試までに例文まで完全修得しましょう!

そうすれば、センター英語8割を超えることが出来ます。

 

さあ、これを読んだあなたはすぐに高速基礎マスターに取りかかりましょう!

 

 

明日の開館時間

8:30~19:00

明日のブログ担当担任助手

熊田担任助手です!!

2019年 2月 15日 【センター英語8割突破!!!】

どうも皆さんおはこんばんにちは!

担任助手1年の山添智広です!

今回はー「センター英語で8割を超えるためには」です。

色々あると思うのですが、長くなるので

一つだけ伝えたいと思います。

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「英語の配点と問題形式を知ること!!!!」

同日体験受験を受けて、

自分の点数の取れなさに絶望した

高校2年生もいるのではないでしょうか?

「時間が足りなかった、、、」

「長文が思ったより難しくて全然読めなかった、、、」

色んな感想を持った人がいると思います。

しかし、残念ながら

一年後になった時、

解かなければならないのは

今の高校2年生です。

ちなみに、

G-MARCH以上を目指すなら、

英語はセンター試験で8割を超す実力が絶対に必要です。

早慶なら9割ですね。

高い。。。

多分ですが、

今の時点で英語5割以下とかの人だと、

自分がここから点数を伸ばして

8割9割取るという姿を想像できないのでは?

自分自身8割を超えたのは、

本番ではなく(めっちゃこけました。)、

10月模試で超えたので、説得力に欠ける面があると思いますが、

参考程度にみてもらえればなと思います。

そもそもですが、

センター英語の大問ごとの配点は知ってますか?

それを知らずに目標だけ決めても、

半分くらい無意味になってしまいます。

担任助手になって今のセンター英語の配点は正直よくわかっていないのですが、

自分が受験生時に解いていた過去問の配点は今でも覚えていて、

①14 ②44 ③41 ④35 ⑤30 ⑥36 =200でした。

問題形式は

①発音アクセント、②文法、③~⑥長文です。

つまり、

長文さえ全部当てれば、

それだけで142点!!(7割突破)

①②の58点から18点いければ160!!

センターは長文の占める割合が7割程度を占めています。

長文が全部正解できる実力がつけば、

行ける気がしません?

突破方法とか言うと

どうしても、「問題演習だ!」とか「単語・熟語を完成しろ!」

みたいなことを想像しがちですが、

それ以前のもっと根っこのところがわかっていないと、

到達するまでに遠回りをしてしまいます。

配点と問題形式がわかれば、

じゃあ長文で点数をとるためには何しよう?や、

長文はさすがに全問正解は厳しいから、文法で点数とるためには何をどうすればいいのだろうとか、

戦略がたてやすいですよね。

孫子の言葉で有名ですが、

「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

点数がとれなくて焦って問題を解くより、

一つ落ち着いて、思考してみると

やるべきことが明確になったり、達成までの明確なプランがたちやすいです。

急がば回れ。

 

 

一日一日全身全霊。

今日も一日よろしくお願いします!

 

 

 

 

明日の開館時間

8:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

みんな大好き青空じろーです!!

2019年 2月 14日 私の大学生活(今井)

こんにちは!今井です。

最近は雪も降ってすごく寒いですね((+_+))

受験生の皆さん風邪ひかないように気をつけて下さい!

今回のテーマは大学生の実態です!笑

大学生はどんな感じなんですか?とよく生徒にも聞かれますが

大学生はこうだよと答えられるものはありません(-_-;)

人によって様々だからです!

強いていうなら自由!!の一言ですね笑

何と言っても人生の夏休みと言われている大学生ですからとにかく時間がたくさんあります。

ですが、決して暇なわけではありません。

高校生の時よりよっぽど忙しいです。

大学の授業は自分から積極的に学ばないと理解が難しいですし、

サークル活動にアルバイト、資格の勉強、留学、インターンなど

選択肢はいろいろです。

自分が何に時間を費やしたいかによって大学生活は様々です。

私は東進に一番時間を費やしていると思います。

また、私は企業と共同で商品開発をしたり、企業向けのセミナーを開いたりする

あるイノベーションチームに所属しているのですがそこでの活動も

時間があるからこそできることだと思います。

大学生は時間がたくさんあるからこそ自分のやりたいことがたくさんできます。

大学の勉強ももちろん大事ですが、この期間にどんなことを経験して

どれだけ成長できたかが、自分の価値、強みになると思うので

大学生のうちに今しかできない経験をたくさんしたいと思っています。

皆さんも大学生になったら、興味のあることにどんどんチャレンジしてみて下さい!!

 

明日の開館時間

9:00~21:45

明日のブログ担当担任助手

山添担任助手です!!

2019年 2月 13日 大学生活ってどんな感じ??

こんにちは!1年の吉田です!

東進の受験生たちが今まさに受験期で、私も毎日ソワソワしております、、

最近、雪も降ったりして寒い日々が続いていますが、体調には本当に気をつけていきましょう!

 

さて、今日は進学してから1年経ったということで、大学生活についてお話していこうと思います!

私が通っているのは東京女子大学なので、特に女子大について知ってもらえたらと思います☺︎︎

まず、結構よく生徒に聞かれるし、自分も気になっていた、「大学はクラスでもないのに友達ができるのか??」について話していきます!

友達はできます!しかし、ぶっちゃけその人コミュニケーション力と、入学してすぐに動けたかといった点が重要になります。

私の場合、すごく友達を作りたかったので、大学が決まってすぐにTwitterで知り合いを増やし始めました!

みんな「#春から〇〇大学」のように、タグをつけて動き始めているので、割と簡単に自分と同じ大学・専攻の人を見つけることが出来ました( ¨̮ )

入学式の日にTwitterで知り合った15人くらいでご飯に行き、そこで仲良くなった子たちと少しグループには分かれましたが、今でも10人くらいとは仲良くできています!

その他にも、週に2回ある第二外国語であるスペイン語の授業や、英語のクラスの子たちの何人かと友達になってからは、すごく大学生活に張り合いがでてきました

今思うと、Twitterで知り合いを増やせていなかったら、スペイン語の授業で隣の子に話しかけていなかったら·····と考えると、とても寂しい大学生活になっていたかなと思います、、

必ずしもTwitterをやっておけとは言いませんが、入学して1ヶ月くらいは周りの子に自分から積極的に話しかけ、気の合う友達を作っておきましょう

 

では次に、「大学生って忙しいのか??」についてお話していきます!

体感的に、私は忙しいと思います。高校生の時は毎日部活で、とても忙しかったと感じていました。しかしいざ大学生になってみると、また違った意味で忙しいと感じます。

例えばバイト。1番大変なのは、高校生のときにはあったテスト一週間前からテスト期間にかけてのoff期間がないということです、、

バイトによってはテスト期間を考慮してくれるところもあると聞きますが、テスト期間に関係なく入らなければいけないバイトは相当きついと思います。

あとはサークル。サークルは人によって入るも入らないも自由ですが、大学生活をさらに楽しくしたいのであれば、多少忙しくなってしまってもサークルに入るべきかと思います。しかし、1、2年生のうちは授業が詰まっていて、その上でバイトにサークルに·····となるとやはり忙しいのが現状です。

自分は何を大学生になってやりたいのか。やりたいものの優先順位はどうか。と、大学生になったら4年間を通してビジョンを考えておけるとよいでしょう!

 

だいぶ私自身の話をしてしまいましたが、大学生活について何となくイメージはつきましたでしょうか?もちろん、人それぞれどう4年間を過ごすかは変わってきます。ですが、そんな自由な大学生活を送れるように、自分の行きたい大学で生活を送れるように、今は目の前の勉強に集中していけるとよいですね!

 

みなさんが第一志望に受かることを願っています。

 

明日の開館時間

9:00~21:45

明日のブログ担当

今井担任助手