12月 | 2018 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 2018年12月の記事一覧

2018年 12月 31日 私が志望校に合格できなかった理由

こんにちは、石原です!

今日が2018年ラストの日ですね!

いよいよセンターまで三週間を切ってきました。

緊張でいっぱいだと思いますが、

今まで勉強してきたルーティーンは崩さないでください

学力を伸ばすことも大事ですが

学力を維持することも合格へのカギとなってきます!

残りの期間わき目もふらずに頑張ってください!

前置きが長くなりましたが本題に入っていこうと思います!

今回は自分の不合格体験談について語っていこうと思います

不合格の理由を一言で表すならば、遅かった  です….

決して東進に入るのが遅かったとかではないです。

自分が受験勉強を始めたのは高2の冬でしたが

ただ漠然とやっていました

しかし高3の夏以降1日中東進にいたりしたことで

やっと自分に合った勉強方法に気づいたのが高3の11月でした

量はこなしていたものの、自分に合った勉強法を見つけられなかった

為に志望校に落ちてしまったと今でも思っています。

早期入学に甘えてしまった自分のように皆さんはなって欲しくないので

現在低学年の皆さんは、少しでも早く受験勉強モードになってください!!!

勉強にフライングはないです!!!応援しています!!!

 

明日の開館時間

9:30~19:00

明日のブログ担当担任助手

山添担任助手です!

 

 

 

2018年 12月 30日 私が第一志望に合格できなかったのは

こんにちは!今井です。

2018年も明日で終わりですね( ;∀;)

ついでに、平成ももう終わりですね( ;∀;)

私たち平成生まれも、「え~平成生まれなのw」って言われるようになるんですかね( ;∀;)

みなさん、平成最後の年はどんな年でしたか?

私はとても濃い一年になりました。

大学生になり環境が大きく変わり、色々な人に出会いました。

本当に充実した一年でした(#^.^#)

さて、今回は私が第一志望校に合格できなかった理由について書こうと思います。

 

私は今学習院大学経済学部経営学科に通っています。

今とても充実していますし、最終的に納得しているので満足ではあるのですが、

受験生当時の第一志望早稲田大学商学部でした。

この第一志望に合格できなかった理由を私なりに分析してみました。

①どうしても早稲田に行きたいという気持ちが薄かった

これからあと二つ理由を挙げるつもりですが、何よりもこれが一番大きいと思います。

私の高校は受験に対してとても力の入った高校で、なぜか文系はとりあえず早稲田志望という風潮がありました。

友達が早稲田を目指すから私も置いていかれないように…と早稲田志望にしたという感じです。

勿論早稲田に憧れもあったし、行きたいと思っていましたが、今思えばどこかで私には無理かもしれない

という気持ちが有りました。

②11月くらいから諦めていた

これは①と似ているのですが、10月ごろから過去問を解き始めて、解けるようになるイメージがつかめず、

ああこれ無理かもしれない…

そう思ってから解ける第二志望の青学や第三志望の学習院の問題に逃げるようになり、

早稲田の過去問を解くことを辞めてしまいました。

③本当に行きたかったのは実は青学

第一志望早稲田じゃなかったの?と思うかもしれませんが、実は行きたかったのは青学なんです。

志望校を決める際、友達がみんな早稲田志望というだけでなく、

「MARCHに行きたいのなら早慶目指せるくらいの学力をつけなきゃだめだよ。」

と学校の先生に言われたから早稲田にしたというのもありました。

10、11月と早稲田の過去問しか解いてこなかったので、その期間青学の問題を解いていたら

受かっていたのではないかと悔やまれます?

 

色々書きましたが、

何よりこの大学に何が何でも行きたい!!という気持ち

がとても大事だと思います。

どうしても行きたいという気持ちがあれば諦めずに勉強を続けられるし、

第一志望に長く時間をかけることが出来ます。

どうしても行きたい!!という大学を見つけるためには大学を良く調べることが大切です。

第一志望のモチベーションを保つためというのは勿論のこと、

どの大学を選ぶかで今後の人生が大きく変わってきますので大学調べはとても大事です。

高校1,2年生の皆さんはまだまだ間に合います。

どうしても行きたいという大学を見つけて第一志望に向けて突っ走ってください!!

 

明日の開館時間

8:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手です!

 

 

 

2018年 12月 29日 人生一番の大勝負

2018年もあと数日となりましたね…

もういくつ寝るとお正月、片指で数えられるようになってしまいました。熊田です。

年末年始は毎年ゆっくりできる余裕がありましたが、

今年は 年末まで忙しくて大掃除をしている暇もないです…

前回のブログでは担任助手を振り返ってお話ししましたが、

私も1年前までは受験生で、ここ東進西新井校でお世話になっていました。

今日は私の受験結果とその要因を振り返っていきたいと思います。

私は現在、早稲田大学の文化構想学部に通っているわけですが、

ここは私の第一志望でした。

合格したときは本当にうれし涙が出ました。

初めは信じられなくて、今でさえ普通に通っていますが、

1年の前期は本当に私はここに通う資格があるのかなと思いながら登校していました。(笑)

ではなぜ第一志望の早稲田大学文化構想学部に合格することが出来たのでしょうか。

私が思う理由を挙げると3つあります。

①早期スタートを切れたこと

②苦手科目(現代文)を克服できたこと

③高3の夏休み以降早慶レベルの勉強をみっちりできたこと

です。

3つ挙げましたが、全てがあっての②、③だと思っています。

早期にスタートしなければ、苦手を克服する余裕もなかったし、

9月までにセンターレベルの基礎を完成させることもできなかったと思います。

なので、本当に合格したいと思っている高校1、2年生の皆さんは今すぐに始めてください!!

 

 

私は第一志望に合格したわけですが、

本当に首の皮一枚のような状態で合格したので、

後悔することは山ほどあります。

 

皆さんにはそうなって欲しくありません。

受験はほとんどの皆さんの中で人生一番の大勝負だと思います。

受験生の皆さんは残りの期間悔いの無いように、

全力で頑張って下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

明日の開館時間

8:30~19:00

明日のブログ担当担任助手

今井担任助手です!

 

 

 

2018年 12月 28日 私が第一志望に受からなかった理由

2018年も残りわずかになりましたね。

あっという間でした。石橋です。

私の中では、まだ山添担任助手たちが受験生だった時のことが

鮮明に思い出されるからです。

担任助手としてもがむしゃらに働いていたのももう一年前なんですね。

時間がすごく早く感じます。

 

さて、今日はそれよりもまた一年前。

私が受験生だったころの2016年を振り返ってみようと思います。

皆さん、私が今通っている大学をご存知ですか?拓殖大学 政経学部 法律政治学科です。

ここは私にとって、みなさんで言う、滑り止めという位置の大学でした。

 

ではなぜ、第一志望明治大学 政治経済学部第二志望法政大学 法学部に落ちてしまったのでしょうか。

私が思うに理由は3つです。

①過去問を解く使命感に駆られて、苦手と向き合おうとしなかった

②英語の長文が解けないことを諦めていた

③量ばかり意識していて、質や効率にこだわっていなかった

ここで働いていると余計、受かる生徒とあの当時の自分との差を嫌というほど感じます。

毎日、頑張った気になっていたし、かといって胸張って頑張っていたとは言えませんでした。

そんなこんなあって、正月特訓に参加し人生で一番頑張って

センターで自己最高点を取り、気を抜いていました。

そこで、頑張りきれていない自分に気づいてしまい、

明治大学の門の前で泣くことになるのです。

 

つらつらと話をしてきましたが、一番ダメだったことは

気持ちで負けたこと!!

不安に押しつぶされて、明治の受験のお昼休み解けない自分が悔しくて泣きました。

その後も泣いたことにより、テンパって全く戦えませんでした。

家に帰っても涙が止まりませんでした。

そのまま、他の学校も切り替えることが出来ず、ずるずる引きずりました。

強がりの私は本当は全然強くなかったです。カッコ悪い自分も受け入れられませんでした。

 

だから私は口酸っぱく、どんな場所でもこの言葉を言い続けます。

「気持ちで負けるな!努力は最大の味方だ!」

 

明日の開館時間

8:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

熊田担任助手です!

 

 

 

2018年 12月 27日 自分が思う担任助手の魅力

こんにちは!!

担任助手の橋本です。

晦日も迫ってきて年末もいい頃ですが、センター試験まで1ヶ月を切っているので、気合を入れていきましょう!!

さて、今回はいつものブログと違い勉強関連のことではなく、担任助手の魅力について話して行きたいと思います。

僕が思う担任助手の魅力は大きく分けて、2つあります。

まず一つ目は、人前で話すことに慣れていくということです。

僕自身高校のプレゼンの授業の時は人前で話すのが苦痛すぎてその日は行きたくないと思っていたほど、苦手でした。

しかし担任助手をやり始めてから、人と話すことが増えてさらに保護者や生徒の前でプレゼンや説明をしたりすることでだんだんと克服していきました。

二つ目は、自分の大学受験の経験を活かせるということです。

自分の大学受験で得たノウハウを生徒に伝えて、役立ててもらえるというのはとてもいいです。

実際、担当している生徒が頑張って成績が上がったりしたら、自分の事のように嬉しいし、生徒の近くで応援できるというのは担任助手の一番の魅力だと思います。

 

 

 

 

 

明日の開館時間

10:00~21:45

明日のブログ担当担任助手

担任助手