9月 | 2018 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 2018年09月の記事一覧

2018年 9月 26日 過去問演習を始めよう!!

こんにちは!ついに夏休みが今日で終わってしまい、明日から授業が始まる熊田です!

大学1年生の夏が終わったと思うとなんか寂しい気持ちになります…

 

今日のテーマは国立二次・私大の過去問演習についてです!

 

東進生の皆さんは各々過去問演習講座などを使って始めている人もいるかと思いますが、

どのように進めていけば良いかイマイチ分からない人も多いと思います。

なので今日は、過去問の進め方の基準についてお話しします!

まず、①進め方の基準ですが、

過去問演習は大体1週間で1年分やることをおすすめします。

過去問演習はただ解くだけで終わりではありません。

解いた後の解き直し、復習、そこで見つかった苦手分野の見直しなど、

1年分解くだけでもその後色々とやらなければいけないことがあります。

そのため、長い時間が取れる土日などに過去問を解き、平日に復習をするというサイクルを繰り返すことをおすすめします。

そうすると大体10月終わりから11月中頃までに10年分が1周解き終わる計算になります。

1周目が終わったら終わりにするのではなく、2周目に入るようにしてください!

2周目は1度やった問題なので、満点を取るつもりでやりましょう!!

併願校の過去問も並行して少しずつ進められるとベストです◎

 

センターまであと4か月を切りました。ダラダラと過ごしていたら一瞬で終わってしまいます。

過去問はもちろん、その他の勉強も計画をしっかり立てましょう!

 

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

 久保井担任助手

 

 

 

 

2018年 9月 25日 英語の必要性

こんにちは!英語の長文を読む機会が減ってきて英文の読むスピードの衰えを実感している荒井です。

短い英語の文章は読んだりするんですが、長文となるとなかなか読むことが少なくなります。

久しぶりにTOEICの長文とかを読むと昔のように読めなくてもどかしいんですよね。

受験生のみなさんは定期的に英語にふれるようにしましょう!英語の感覚がにぶると取り戻すのに一苦労しますよ。

 

みなさん受験のために英語の勉強をしていると思いますが、

大学に合格したら英語はもう使わないと思っていませんか?

理系の人は特にそう思いこんでいるのではないでしょうか。

実は、大学の授業でも英語を思いっきり使います。

僕は大学の授業で回路のシュミレーションソフトを使ったのですが、インストールするときにエラーが出てきたときに、ネットで調べても解決方法が英語でしか載っていませんでした。

プログラミングをやっている人はエラーについて調べると日本語では見つからないけど、英語では見つかるという経験をしたことがあるのではないでしょうか。

簡単な内容なら日本語でも見つかるのですが、難しい内容やマイナーな内容になると英語で調べないといけなくなるんですね(´_`。)

僕の大学の友達は、先生から配られるテキストがすべて英語だったり、ある学科では授業をすべて英語で行っている学科もあります。

なぜこんなことにことになるのかというと、専門的な内容は英語で研究や開発がされていて、日本語に翻訳されていないからです。

世界では英語を使用している人が多いので、研究も英語で活発に行われているのです。

 

また、論文を世界に発表するにも英語が必要になります。研究した内容は日本で発表するのみではなく、世界に発表しなくてはいけません。

そのときに英語が使えないと、海外の研究者に相手にされなくなってしまいます。

大学の先輩や先生から、研究者としては優秀なのに英語ができないために思うようにいかない人が多いとききます。

そして、世界の最先端の論文が日本語に翻訳されるには約3か月かかると言われています。

1秒を争うような最先端の世界では日本語に翻訳されるのを待っていたらおいていかれます。

 

受験勉強で英語の貯金を作っておくと、英語が必要になったときに何かと助けられますよ。

今の自分も昔英語の勉強を頑張っておいてよかったと思うことが多々あります笑

 

今回は理系の大学生や研究者についてお話しました。

他の分野でもあなたの思っていないようなところで英語が必要だったり、英語を使わなければならない事情はあるので、自分が進もうと考えている分野について調べてみると将来英語が必要になって困った、、いうことを防止できると思いますよ。

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

担任助手

 

 

2018年 9月 23日 英語が必要なのは文系?理系?

こんにちは!

ただいま研究室からお送りしております.

担任助手の久保井です!

今日は英語の重要性ということで,僕からいえることを

お話したいと思います!

 

皆さんは今学校では,理系,文系というくくりで

クラス等分けられていると思うので

そういったくくりで話をしたいと思います.

 

皆さんは英語と聞くと文系,理系どちらを想像しますか?

覚えるのが苦手だから理系にきたんじゃ!

で文系を想像する人がいると思いますが

実は理系の方が英語をたくさん使っているんじゃないのか

僕は思います.

 

僕は電気電子工学科ということで

高校のくくりで言ったら,よく理系に区分されます.

電気科のイメージといったらどんな感じですかねー

回路組んだり,計算をしてるところを想像したりしますか.

正解です.

 

んじゃ英語要らないジャン.

となるかもしれないですが,実際はそれだけではなく

僕の研究室では国際学会に出向いて,そこで発表したりする

経験をつむこともあります.

そこで発表する内容,また質疑応答も英語で飛んできます笑

僕も今からひやひやしている一方で,作法,リスニング等

勉強しなおさなくては・・・.

と感じています.

 

それに加えて,研究開発の際に参考にす論文は

もちろん,すべて日本語で書かれているわけではないです.

自分の欲しい情報を求めたときに,必ず英語で書かれた論文が

出てくることはあります.

 

特に研究開発する人には大切なんですね.

と思いました.

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

石橋担任助手

 

 

 

 

2018年 9月 20日 僕の目標

どうも皆さんおはこんばんにちは!

担任助手1年の山添智広です!!

今日は、

自分の今の夢・目標について

話していきたいと思います。

僕の夢・目標は

日本一になることです。

おそらく、

多くの人が「なにで?」と思うと思います。

自分の答えは

全部で一番になることです。

なんでこうなったかというと、

皆さんの中には、

安定した職業に就きたいという

夢・目標を持っている人いると思います。

例えば公務員とか大企業に新卒で入りたい!みたいな感じです。

自分も親がそういうところで働いでいます。

だから?公務員とかになれればいいなと思っていました。

ただ、一つの考えとして

今現在安定している企業が、

40,50年たった時に、

ずっと安定しているままかと聞かれたら、

答えはNOだと自分は思います

なぜならここ10年だけでも、

科学の進歩ってすごくないですか?

あまり覚えてないけど10年前は、

ほとんどの人がガラケーを持っていて、

スマートフォンを持っている人はほぼいなかったと思います。

さらにいうと50年前の過去の人が、

今のインターネットが発展した

今の世界を想像できていたかといわれると、

凄く至難の業だと思います。

よく皆さんはテレビとかで消えていく職業、

必要になってくる職業を聞いたことある人いると思います。

つまり、

テクノロジーの進歩が凄まじいなかで、

一つの企業、職業がずっと安定していられるのって

至難の業じゃないですか?

だから

安定した職業とは

自分のスキルなのかなと思います

どこの職場でも戦えるスキルを身に着けることで、

自分の仕事や職場での立ち位置を勝ち取り、

本当の安定した人間になれるのかなと思いました。

今の自分の目標にしていることは、

とにかくスキルを身に着けることです。

自分の考えとして、

どうせやるなら、頂点を目指してやりたいと考えています。

せっかくスキルをつけるなら、

全部で頂点をとって、

日本で一番を目指したいです。

その一つとして、

自分は今

英語力の向上に取り組んでいます。

英語の勉強を続けていくことで、

TOEICの点をあげることができれば、

今の段階で

自分より高い学力、学歴に

一面かもしれないけど

追いつくことができるかもしれない

と考えています。

今の自分には

足りていないことがたくさんあるので、

全部手に入れて、

最強になりたいです!

今日の話はある人の話をほぼまねているので、

もし聞いたことがあるよという方がいたら

ごめんなさい!

 

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

凌我さんです!!

 

 

 

 

2018年 9月 17日 英語の勉強について(今井)

こんにちは!担任助手の今井です。

文化祭シーズンですね。

生徒たちは受験勉強をしながら文化祭の準備をしていて大変そうでした💦

高3生は受験勉強に集中させてあげて欲しい…というのが私たち担任助手の本音ではありますね…(笑)

でも高校生最後の文化祭、みんな楽しんだようで良かったです(#^^#)

私も母校の文化祭に行ってきました。

ひさびさに母校に行けて先生方に近況報告をしたり、

同級生や後輩たちと話せてとても楽しかったです(*´▽`*)

 

さて、今回のテーマは英語の勉強についてです。

昨年の今頃は、受験勉強真っ最中で英語の勉強を頑張っていたので、

大学生になったらさらに英語を勉強して、

オンライン英会話を始めて、

留学をして、

TOEICで高い点数を取って

と考えていました。

 

ですが、実際はというと、

なんだかんだ忙しくて勉強出来ない!!!(´;ω;`)

本当にやろうと自分から行動しない限り英語の勉強はできません

それから、大学の授業は正直英語力つきません。(私もびっくりした)

なんなら、高校の授業の方が英語つくし、

東進で受験生として勉強していたころより英語力下がったと思います。

 

1学期大学生活を過ごしてきて、これはやばい!!!

就活の時に困る!!と思い、夏休み期間中にこれから英語力を上げていく計画を立てました。

なので、その計画をざっくりと紹介しようと思います。

 

1、単語、熟語、文法など受験で使っていたテキストを用いて復習

2、Huluで海外ドラマを英語字幕でひたすら見る(これは今井宏先生の授業を受けていた人ならわかると思いますが今井先生おすすめの勉強方法です)

3、いまから留学の資料請求をしてやらなければならないことをピックアップ(2年の冬留学予定)

 

など今実施していることはこんな感じです。

大学生は自分で行動しなければ何も変化しないので行動力がとても大事になります

正直1学期はいろいろ慣れるに必死で勉強はサボってしまったので、

もう少し早く行動しておけばよかったなと思います

 

これから先、英語が話せるのは必須条件になってきます。

社会人になったらもっと勉強している暇はないと思うので、

学生のうちに英語の勉強を済ませておこうと思います。

 

皆さんは受験勉強が終わっても英語の勉強休まないでくださいね?!

 

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手