4月 | 2018 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 2018年04月の記事一覧

2018年 4月 29日 大学紹介!

こんにちは!3年生になり、大学が本格的に忙しくなってきた荒井です!

土日も課題に追われています(*_*)

GWが待ち遠しいです笑

 

今日は僕の通っている 東京大学 を紹介したいと思います!

4月から3年生になり、キャンパスが駒場から本郷に移動しました。

本郷キャンパスは広いですね~

時間あるときにお散歩してみたのですが、全部回りきることはできませんでした笑

今日はそんなキャンパスを少し説明します。

 

まず、図書館の個数が多いです!

東大のホームページによると、図書室を合わせると本郷キャンパスで17館、駒場キャンパスや柏キャンパスを合わせると合計で30館もあるそうです!

30個ってすごく多いですよね笑

僕はそのなかでいつも工学部の図書館を使っているのですが、静かで勉強に集中できてお気に入りです。

プログラミングの参考書もたくさんあって、読みたい本がたくさんあります。

自分の興味のある分野の本がたくさんあるのは大学のメリットですよね。

 

また、建物がきれい です。

東大には古い建物もたくさんありますが、僕の通っている建物は教室の椅子も座りやすく、教室もきれいで、勉強に集中できる環境です。

今までの駒場の椅子が固くて座っているとおしりが痛くなっていたので、かなり喜んでいます笑

最近中央食堂も改装工事が終わり、とてもおしゃれになりました。

普段過ごす場所としては結構いいですよ!

 

以上東大の紹介でした。

気になる大学のキャンパスに行ってみると、大学の雰囲気やイメージがわいてきます。

興味がある大学に行ってみるのをオススメします!

 

明日の開館時間

10:00-21:45

明日のブログ

久保井担任助手

 

2018年 4月 28日 明日は・・・?

こんにちは!

夏も近づいてきましたね!

暑がりなので暑いの嫌いです。

担任助手の久保井です!

 

さぁ!明日は何の日でしたっけ?

忘れていた!という人しっかりと予定表に書いてから寝てください。

「決起会」の日です!

時間は17:00~@自習室で行います!

 

内容は

①夏休み前にやらなければいけないことを校舎長よりお話してもらいます。

 これは受験学年、低学年両方へ向けてのお話になります!

 

②「学部研究会in Spring」の話だったり、「合宿」の話だったり、「GWに行う、イベント」の話をします!

 どれも参加すれば、成長できるいいものばかりです。

 

③新担任助手紹介

 最近、新しい担任助手が増えたことに気が付きましたか。

 さて、新しい担任助手は何人いるでしょう?

 

③新・グループミーティングの発表

 新しいグループミーティングの発表を行います!

 さらに新しいメンバーで自己紹介、目標の設定を行ってもらいます!

 

といった感じになってます。

 

明日の開館時間

8:30~19:00

明日のブログ

荒井担任助手

 

2018年 4月 26日 後輩の後輩たちへ

こんにちは。浅見です。ここで挨拶するのも今日が最後となりました。

 私はゴールデンウィーク後にここ、東進ハイスクール西新井校を卒業いたします。

 本日は最後のブログということで、思いの丈を余すことなく書き連ねていこうと思います。タイトルが皆さん直球に時間の使い方関連になっている中あえて異なるのはそういう理由です。

 

 まずは、私からも時間の使い方について語っておきましょう。

 正直なところ、高校2生の時秋くらいまでの私はあまり隙間時間を有効に使えていませんでした。

 しかし、高速マスターが進まず、これはヤバいと気づき(正確には当時の先輩方の物凄―い圧力(苦笑)もあり)、態度を改め始めました。

 工夫した点は主に2つです。

 1.通学時間を勉強に充てる!

 →まあ、テンプレですよね。でもとても大切です。通学時間で高速マスターは数百問は出来るし、社会の暗記もできます。大学生となった今は、宿題を帰りの電車で終わらせることすらあります(ドヤァ)。

 2.休み時間を「ダラダラ」過ごさない。

 →自分の学校は休み時間に限りスマホが使用できました。それゆえ10分休みや昼休みを使って、テキストの問題を解きなおしたり、高速マスターを実施していました。これは他の校舎に通っていた同級生も同じでしたね。高マをやりまくって周りをドン引きさせていました(笑)

 

 これだけでも、目に見えて効果は表れますよ。

 皆さんも、これまで無駄にしてきた時間を使って周りに差をつけてください!!

 

 それでは、ここから先は最後の言葉を記そうと思います。

 

皆さんに伝えたいことは、

・自分の未来は自分の意志で決まる

・努力できれば、様々なことが良い方向に向かう

・人との縁を大事に

 大きく分けてこの3つです。

 

 具体例として、今から私の東進での経験を書いていきます。

 

 私がここ、東進ハイスクールに入会したのは2015年9月、夏期招待講習を経て、高2の2学期に入会しました。

 その当時の私は本当に何事にも無気力で、「周りが予備校に次々入っているし、親もうるさいしそろそろ行かなきゃ」位の意志しかありませんでした。正確に言えばそれすら親の半強制力のおかげなので自分の意志など微塵もありませんでした。

 しかし、これがどん底に居た私を変えるきっかけになったのです。

 

 …そうは書いたものの、すぐには何も変わりませんでした。GMの日しか登校しない、受講も高マも全然やらない。当然の結果です。

 もちろん親と先輩方は黙ってはいません。親には怒られ、先輩方も相当私に手を焼いていたようで、結構厳しいことも言われました。このままじゃヤバい。それはわかっていましたがそれでもなお完全に態度を変えていたわけではありませんでした。

 

 その矢先、私は1人の人と出会いました。いえ、再会した、という方が正確です。

 その人は小学校が同じだった幼馴染で、高2冬のGMで同じチームになったのです。

 自分で言うのも気が引けますが、私は小学校の時は運動音痴だった分、勉強には精を出していて周囲からも博識と評されていました。彼女もおそらくそれを覚えている。

 今の自分を見せるわけにはいかない、変わらなきゃ。

 親や先輩方が私の態度を変えるパズルのピースを必死に組む中、見つからなかった最後の一かけらがこの時、埋まりました。

 

 それからは、少しずつ頑張るようになりました。閉館まで残るように努力した。高マを必死にやった。

 

 勿論、上手くいったことばかりではありませんでした。周囲が最難関の大学ばかり志望しているのに流されて、自身の志望校が決まらず勉強のモチベーションが下がり、結果的に理科の完全修得が本番ギリギリになってしまったことを筆頭に、失敗したことも多数あります。

 また、高3の1年間は本当に不安で、友人との衝突が増えたりもしました。

 

 こうして私の大学受験は、第一志望にあと一歩及ばずという、結果に終わりました。

 

 その後、担任助手になってからは必死の毎日でした。大学の成績を優秀に修めなければいけない。責任を持って見ないといけない後輩が出来た。もがく様に毎日を過ごしました。

 授業の復習、業務の暗記、様々なことを覚えるために毎日勉強、努力、勉強、努力、勉強、努力。

 

 そんな日々を半年ほど過ごしたとき、私は自分の大学受験の失敗、そして高校生活が上手くいかなかった原因が分かりました。

 それは、自立していなかったからです。

 

 そもそも、自分の将来をしっかり考えられていれば予備校に行く選択も、志望校も自分で決められていたはずです。それが出来ていなかったのも、自分のことを完全に捨てていたからだと今では確信しています。

 そして、高校時代はこういう病んだ性格で周囲と距離が出来たこともあります。(卒業時までに然るべき仲間たちとは元に戻りましたが。)

 

 大学に入って、我武者羅にいろいろな物事に挑戦するようになってからの方が、毎日が楽しく(辛い日々もたくさんありましたがね!)、充実していると思いました。果たして、自分の学校の成績も結構よく、TOEICも1年間で600点から745点まで点を伸ばせました。

 

 

 

一通り書き連ねた所で、最初の3つの事柄にもう一度触れておきます。

・自分の未来は自分の意志で決まる

→目標を明確に持ち、努力して大きな花を咲かせることもできます。しかし、高校生時代の私のように自堕落に過ごして、何もしなければ咲くはずの花を根絶やしにしてしまいます。

 

・努力できれば、様々なことが良い方向に向かう

→なぜか。生活が充実するからです。そもそも何もしない暇な時間を過ごすより、勉強や趣味に投球する時間を増やした方が、生きがいを感じるとは思いませんか?

そうして人生が楽しくなれば、次はこれ、と継続していろいろなことに挑戦できますよ。

 

・人との縁を大事に

 →今の私があるのは、親、校舎長、お世話になった先輩方、先の幼馴染、同期スタッフ、そして教えていた後輩たちがあるからです。(もちろん、学校関連の人もそうですがここでは省略させていただきます。)

 特に私を変える決定的なきっかけとなった幼馴染、指導してくださった先輩方と校舎長、必死に努力してわたしに勇気をくれた後輩たち、そして両親にには感謝しきれません。

 

 70億人を超えた世界の人間の中で、出会うのは奇跡です。その出会いすべてに意味はあるはず。

 それが悪い仲でも、良い仲でも。

 ぜひとも、いま一度周りの人との出会いに感謝してください。(GMの出会いもです!切磋琢磨できる大事な同級生ですよ!)

 

 

 

 私は現在、教職課程を修めるために、筑波大学に移籍しています。

 やっと、夢のスタートラインに立てたと思うのと同時に、1年間お世話になった理科大や、自分を見つめなおすきっかけとなった東進に心の底から感謝をしています。この1年が無ければ、今の私は有りません。卒業研究の題材も大方決まりました。

 

 私はだいぶ遠回りをしました。しかし、努力して掴み取ることを、中学受験の時以来に思い出しました。

 皆さんも、自分の夢を掴めるはずです。

 少しは休んでもいいです。ですが、決してあきらめず、まずは第一志望校の合格を勝ち取ってほしいと、願っております。

 

 私も夢にまっすぐ生きて、大事な教え子の皆さんや、お世話になった先輩や同期の皆さん、各地に居る同じく努力家の友人たちや誇らしい後輩たちに顔向けできるように、今後も頑張っていきたいと思います。

 

 それでは皆さん、1年間ありがとうございました。

 また会いましょう。

 

 ようよう暑くなってきた西新井校にて。

 2018年4月26日

 浅見理王

 

明日の開館時間

11:30-21:45

明日のブログ

鄭担任助手

 

2018年 4月 25日 部活と勉強の両立(熊田ver.)

こんにちは!熊田真由子です!

今回は私の受験生時代の部活と勉強の両立についてお話したいと思います。

私は高校3年生の6月までバスケットボール部に所属していました。朝練は週3回、放課後練は週4回と

日数的には多いほうだったと思います。

ではポイントをいくつか挙げてお話ししたいと思います!

 

一つ目は、部活後に必ず東進に来ることです!

受講が入っていない日でもとりあえず東進に来て学校の宿題や予習などをやっていました。

このおかげで、部活を引退した後でもすぐに切り替えて毎日東進で勉強することが出来ました!

二つ目は、すき間時間をフル活用することです!

私は登下校の電車内で高速基礎マスターの修了判定テストをやることが毎日のルーティーンでした。

高速基礎マスターは少ない時間でたくさんの単語を確認することが出来るのでぜひやってほしいと思います!

最後に、休みをしっかりととることです!

部活と勉強を両方頑張るには1日が24時間では足りないと思いますが、睡眠時間の削り過ぎは禁物です

前日の疲れが取れないまま毎日繰り返していると、体調を崩してしまって部活も勉強も出来なくなってしまいます><

適度な睡眠時間は必ず取るようにしましょう!

ちなみに私は朝練のある日でも少なくとも6時間は寝るようにしていました!

 

部活と勉強を両立させるのは大変なことですが色々と工夫すれば出来ることなので、

どちらも諦めず最後まで頑張りましょう!

 

 

明日の開館時間

11:30-21:45

明日のブログ

浅見担任助手

 

2018年 4月 24日 大学生活紹介(吉田Ver)

 こんにちは!一年の吉田です。

授業が始まって早2週間が過ぎ、生活に慣れてきたところで、

私の通っている東京女子大学について紹介していきたいと思います!

東京女子大学(通称:東女吉祥寺駅西荻窪駅の間にあります

   関東の住みたい街ランキング一位である吉祥寺なだけあり、

オシャレなお店も多く、通うのが毎日楽しいです!

 

そんな場所にある東女に入ってまず感じたのは、キャンパスがキレイで緑豊かだということです!

至る所に花や木が植えてあり、雰囲気はまるでのようです(笑)

付属校がなく、全体で4000人程度と比較的小規模だということも

落ち着いた校風をつくっていると思います(^^)

 

「東京女子大学」の画像検索結果

 

 

学食の値段とおいしさにも感動しました!

ハーフサイズですが、うどんが170円と激安!!

お財布の紐を緩めないよう頑張ります(汗)

 

次は授業についてですが、大講義室などで受ける授業はとにかく人が多いです

特に総合教養科目は四年生まで取ってたりするので、

定員200人のところに400人くらいきたりして

履修するのに制限がかかってしまうことも多々あります(-_-)

 

たくさん自由や時間もあるので、怠けないよう自分を高める意識を忘れずに

東女での大学生活を過ごしていきたいと思います!!

 

 

 

明日の開館時間☀

11:30~21:45

☀明日のブログ担当☀

熊田担任助手