模試の活用法!(宮﨑) | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2020年 5月 10日 模試の活用法!(宮﨑)

こんにちは!

担任助手1年の宮﨑です!

緊急事態宣言が延びてしまい、東進の校舎も登校禁止のままです。

この前の模試も、オンライン受験という慣れないの形での受験でしたね。

今回のブログはそのについての話です!

せっかく模試を受けるなら、最大限活用しないともったいないですよね?

ということで僕の考える模試の活用法を話します。

 

①自己採点を必ずする!

これは大前提ですが、自己採点は絶対しましょう!

模試が返ってくるのは、東進の模試でも約一週間かかります。

それだけ時間がたってしまうと、問題の内容や、なぜ自分がその答えを選んだかなどを忘れてしまいます。

だから模試を受けたその日次の日には必ず自己採点をして、復習をしましょう!

 

②判定を気にしない!

模試が返ってきたら、どうしても判定に注目しがちですよね。

ですが判定はたいして気にする必要はありません!とくに夏までは判定なんて関係ないと思います。

それよりも点数を見てください。合格するための点数と自分の点数とのギャップがあると思います。

そのギャップをどううめるのか、つまり、どこでどのくらい点をとるのかを考え、戦略的に勉強しましょう!

正答率の高いのに自分が間違えてしまった問題や、苦手な分野を復習するのがおすすめです!

 

③次の模試に勉強のスケジュールを合わせる!

一度模試をうけて、勉強するべきポイントが見つかったら、次の模試までに終わらせることを決めましょう!

受講や高マ、参考書、教科書の範囲でもなんでもいいです。そしてそれをしっかり終わらせて身につくようにスケジュールをたてて、やりきりましょう。

そして次の模試でそれが身についているかチェックできます!

 

これを参考にして、模試は最大限活用しましょう!!

 

 

 

【自宅オンライン講習申込受付中!】

申し込みたい

という方は

西新井校にtel

または

下のバーナーをクリックしてください

↓ ↓ ↓