8月 | 2019 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 2019年08月の記事一覧

2019年 8月 31日 夏を終えて 塩浦ver

最近、昼夜が逆転しすぎて

夏休みが終わると大変なことが

起きそうな担任助手1年目の塩浦です。

今日のテーマ

夏休みが終わって意識すること

ということで少しお話していきたいと思います。

まもなく夏休みが終わろうとしています。

明後日から新学期という人も

多いんではないでしょうか。

今、自分の夏を振り返ってみて何を感じますか?

「私はこの夏、1ミリも後悔がない」

というやりきった人もいれば

「あの時、もっとやればよかったのに」

という後悔に押しつぶされそうな人がいると思います。

みなさんにまず、やってほしいことは

この夏休みを一度振り返ってみましょう。

自分なりで構わないので

良かった点、反省点などを

紙に書き出したりしてみましょう。

たぶん、多くの人が反省点を書きだすと思います。

それでいいんです。

「転ぶことは恥ずかしいことではない、

 起き上がらないことが恥ずかしいことだ」

という言葉があるように

反省をしないことが悪いことなのです。

具体的にいうと本来、夏で

終わらせるべき内容のものは早急になんとかしましょう。

受講、センター過去問、参考書一周目…。

ここから先に勉強する内容の質が

大学受験においての天王山です。

2次、私大過去問を中心に苦手分野を

完全に克服しない限りは

合格はありえません。

覚悟を持っていきましょう。

さて、話は変わりますが、

以前のブログでやっていた

オススメの曲紹介が好評だったので

「今週の一曲」として毎週紹介していこうと思います。

今週の一曲

フジファブリック 「若者のすべて」

夏の終わりを唄った曲で

毎年、これを聞くと夏が終わった気がして、

少し悲しい気持ちがしますが

落ち着くいい歌なので、気分転換したいときに

聞いてみて下さい。

 

2019年 8月 29日 夏休み終了後にやるべきこと

こんにちは、担任助手1年の高橋です!

今日は皆さんに夏休みが終わった後にやってほしいことをお伝えします。

 

それは、やっぱり二次試験対策です。

夏休み中はセンターを重点的にやっていたと思いますが、

9月以降は最低週1で過去問を解いてください。

 

まず、2月1日までに日曜日が何回あるか把握してますか?

22回です。

 

少ないと思うか多いと思うかは人それぞれだと思いますが、実は少ないです。

大体の人が受験するであろう大学の数、学部の数をふまえ、

さらに第一志望の過去問は10年分を一周以上することを考えると

過去問を30回以上解くことになります。

さらには、12月、1月に入ったらセンターを夏休み以上に頑張ってもらうことになります。

大問別や過去問をたくさんやると思います。

つまり、1週間に1つだと足りないんです。

だからこそ、夏休みが終わったら、

「まだいっか~」ではなく、すぐに始めてください。

 

早めに始め、過去問を解くことを習慣化すれば

だんだん慣れてきて苦痛を感じなくなります。

早めに行動、を意識して頑張っていきましょう!

 

 

 

明日の開館時間
8:00〜20:30

明日のブログ担当
 小暮担任助手

 

東進ハイスクール西新井校では

一日体験授業を受付中です!!

この夏、大学受験への一歩を踏み出してみませんか?

お申込みは下記のバナーをクリック!

 

 

 

 

2019年 8月 28日 【質問!受験生時代、家で勉強していたの?】

どうもみなさんおはこんばんにちは!

日本一になる男!

 

 

担任助手2年山添智広です。

夏休みも最終盤に差し掛かりましたね。

最後まで気を抜かず夏休みを乗りきりましょう!

今回は高3生からの質問に答えていきたいと思います。

それは、

「山添さんって、家で勉強してたんですか?」です。

 

受験生時代は僕も同じようなこと思っていた記憶があります。

「やっぱ受かる人は家でもやっているのかな?」とか

「担任助手の人たちは家でどれだけやってたのかな?」

 

結論から言うと

僕は受験生の時、

「基本的には家ではほとんど勉強していませんでした」

そのかわり、

勉強は校舎でやりきる!と決めていました。

具体的にどうするか?

一番分かりやすい例でいうなら

校舎に一番早く来て、一番最後までいたり

校舎の中でとにかく努力量でトップととろう!

そう思って日々過ごしていました。

 

しかし「基本的には」と書いている通り

家でやっているときもありました。

それはどういうときかというと

2つあります。

1つ目は「やるべきことが終わっていない時」です。

(まあ当たり前っちゃ当たり前なんですが)

 

2つ目は直前期でした(笑)

ただ過去問とか頭をつかうものではなく、

暗記系で疲れていても出来る日本史とかを

メインに取り組んでいました。

 

【まとめ!!!】

基本的には

校舎にいるときに出来ることは全てやりきる

家と校舎でメリハリをつけて勉強すること意識していた!

 

第一志望には僕自身合格することができなかったので、

説得力に欠ける面もこの話題に対しては、

多いと思いますが参考にしてくれると嬉しいです。

 

一日一日全身全霊!

今日も一日頑張っていこう!!

 

明日の開館時間
8:00〜20:30

明日のブログ担当
中金担任助手

 

 

東進ハイスクール西新井校では

一日体験授業を受付中です!!

この夏、大学受験への一歩を踏み出してみませんか?

お申込みは下記のバナーをクリック!

 

 

 

 

 

2019年 8月 28日 【必見!9月以降どう過ごすべきなのか?】

どうもみなさんおはこんばんにちは!

日本一になる人間

担任助手2年山添智広です!

 

 

受験生のみなさん、

ついに8月センター模試が終わりましたね。

夏休みの成果は出せましたか?

結果が出せた人、出せなかった人いると思います。

 

 

 

2年前受験生だった僕は

「結果出せた側」でした。

満足はしないようにしてた記憶がありますが、

毎日朝登校して毎日閉館までいて、

センター英国10年分×2周して、

毎日大問別に取り組んで、

やっぱりやってきたことは無駄じゃなかったんだなと体で実感しました。

とにかくうれしかったです。

その時の模試は結構周りの人はこけていたので、

英語伸び幅トップじゃね?ってちょっと調子のっていました。(笑)

 

やったことは必ず結果として結びつきます。

僕は実験・実証したので、間違いないです。

ただその結果がいつ出るかは

残念ながら誰にもわかりません。

なので8月模試で結果がだせなかった人いると思います。

人によってはめっちゃ落ち込んでいる人もいると思います。

でも絶対諦めないで継続してほしいです。

絶対継続していればいつになるかわからないけど

必ず結果としてあらわれます!

 

9月からは学校がまた始まると思います。

夏休みのような一日全て自分のやりたい勉強ができる時間が圧倒的に減ります。

(特に私立。)

夏休みと同じ感覚で過ごすと痛い目にあいます。

本題の9月以降僕なりに意識する点は2つです!

 

①各科目の優先順位をたてること!

時間がとれないからこそ、

各科目の優先順位をちゃんとたてて

一日一日を大切に過ごしていきましょう!

「一日ずっと日本史やってたー(笑)」

はい、済まされません。

 

②今までやってきたことを少しでもいいから触れる

僕はこの逆のことをやりスランプにはまりました。

夏休み~10月模試まで

ずっと大問別の国語をやってきていたのに、

10月模試で

結果がでたことで少しやらない期間を作ってしまいました。

時間がなくなってくるなか、

今まで触れていたものを振れなくなることもあると思います。

意識して頑張りましょう!

 

明日の開館時間
8:00〜20:30

明日のブログ担当
中金担任助手

 

東進ハイスクール西新井校では

一日体験授業を受付中です!!

この夏、大学受験への一歩を踏み出してみませんか?

お申込みは下記のバナーをクリック!

 

 

 

 

2019年 8月 27日 【9月以降の過ごし方】

バドサークルの合宿から帰ってきました進藤です!

福島県に行ってきたのですが、涼しくて過ごしやすかったです。

 

さて、本日のテーマは夏休みを終えて意識すること です。

夏休みも残すところは1週間となりました。焦りがでている人も多いのではないでしょうか。

夏休みが終わると、受験が本当に近づいてきます。

そんななか意識することとは…

先を見ておおまかな予定を立てることです

どうしても焦りを感じると目の前のことでいっぱいになってしまいます。

そして、残りの日数や予定がわかっていないと間に合わなくなる危険性が出てきます。

そのため今後の予定を把握して、動くことが必要だと思うのです!!

細かい予定を立てようとすると時間がかかってしまったり

そこに集中しすぎてしまったりしてしまいます。

なのでおおまかな計画を立てていきましょう!!

見通しを立てて、過去問などもやっていきましょう!

 

明日の開館時間
8:00〜20:30

明日のブログ担当
 山添担任助手

 

東進ハイスクール西新井校では

一日体験授業を受付中です!!

この夏、大学受験への一歩を踏み出してみませんか?

お申込みは下記のバナーをクリック!