1月 | 2019 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ 2019年01月の記事一覧

2019年 1月 2日 僕が早稲田に落ちた理由

あけましておめでとうございます。

担任助手の橋本です。

いよいよ年が明けて、2019年もスタートしました!

今年の僕の目標は、体を鍛えて、単位を落とさないことです。

大学1年は、ゲームしたり、サッカーを見すぎたりして怠けてしまったので、今年こそは有意義な年にしたいです!

余談はこの辺にして、さっそく本題に入っていきましょう。

今日話すことは、僕が早稲田になぜ落ちてしまったかです

僕の受験結果は、明治・立教・学習院は合格、早稲田・上智は不合格というようなものでした。

では、なぜ僕は不合格となってしまったのでしょう?

理由は大きく分けて3つあります。

一つ目は、MARCHの過去問を徹底的に解いていたことです。

僕はある程度の大学には行きたかったので、抑えをしっかりしようということにとらわれていました。

しかし、それでは第一志望の早稲田の本格的な対策とはなっておらず、時間がむだになっていました。

二つ目は、第一志望の過去問が難しすぎて、途中で休止した期間があったことです。

いくら難しいとはいえ、逃げていたら何も始まりません。

難しくても、やり続けて苦手をつぶしていけば、必ず出来るようになるはずです。

一旦休止してしまうと始めるタイミングが分からなくなるので、継続して第一志望過去問に取り組みましょう。

三つめは、応用問題の演習が少なかったことです。

難関大学になればなるほど、応用問題が解けるかが重要になってきます。

そして、その対策をしないといけなかったにもかかわらず、僕は基礎の演習ばかり積んでいました。

以上の3点が僕が早稲田に落ちてしまった理由でした。

確かに、基礎を仕上げていくことは重要かもしれません。

しかし、基礎ばかりやっていては早稲田の問題に太刀打ちすることは不可能です。

初めは出来なくても演習を積んでいけば、自分の弱点を克服することができます。

チャレンジするということ最も受験勉強では重要だと思いました。

明日の開館時間

8:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

渡部担任助手です!

 

 

 

2019年 1月 1日 なんで第一志望に落ちたのか

どうもみなさん

あけましておめでとうございます!

2019年もよろしくお願いします

担任助手1年の山添智広です!

伊藤さんが前に「今年の漢字」をブログで発表していたので、

自分も去年の事になってしまいますが、

言おうかなと思います。

自分の去年の漢字は「悔」です。

一番はやはり受験に落ちたことです。

また大学入ってからもできなくて悔しいことが

たくさん見つかりました。

今年は全部とは言わなくても、

1つでも、2つでもいいので

上の人達と戦える実力を手に入れるようにやっていきます。

今回は

「なぜ第一志望に合格できなかったのか」です!

僕が当時のことで一番失敗したなと考えているのが

「復習」です。

今大学入って、TOEICの勉強をしているのですが

復習の大切さを実感しています。

僕は高校生時代、本当に復習をしませんでした。

この時期はセンター過去問や私大過去問を

メインに解いていましたが、

私大の過去問であったなら

解説授業を見返すくらいで、

間違えた問題を次は絶対間違えない、なんで間違えたのか

といったような執念のようなものが足りなかったと思います。

本当に量ばかりこなしていました。

量を誰よりもこなせば、

質が悪くても結果が付いてくると思っていました。

しかし

受験生の皆さんも気づいているかもしれませんが、

入試までの時間が限られているなかで量をこなすには限界があります。

さらにほとんどの人は第一志望以外の大学も受験すると思います。

その都度各大学の赤本も解きませんか?

私大3教科でも1年分解くのに

ぶっ通しでやっても最低3時間~3.5時間はかかります。

それがすべての大学TOTALすると

自分は去年50年分以上は絶対に解いています。

だから量を追い求めるのではなく、

この時期は解いた問題に対して、どれだけ質を上げれるかが、

第一志望合格に繋がってくると自分は考えます。

 

 

一日一日全身全霊

今年も365日宜しくお願いします!

 

明日の開館時間

9:30~19:00

開館・閉館時間注意!

明日のブログ担当担任助手

まさかの橋本担任助手です!