幼少期の自分 | 東進ハイスクール 西新井校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 4日 幼少期の自分

こんにちは!

担任助手1年福永莉子です。

最近天気も悪く、電車の遅延も多くて、、困ってます

高校の時から私が乗る電車は大体遅延するので、遅延女王と呼ばれるくらいです。笑

一生要らない力、、

どうしたらこの能力消えますか!?笑

 

後は生活習慣をもうそろそろ直さないといけませんね、

よく春期の1限遅刻しないで大学に行けていたなと思います笑

これから寒くなっていって布団から出にくくなっていったらと考えると本当に危険です、

 

でも私が1番好きな季節は秋なのでとても嬉しいです。

秋は服も可愛くて、食べ物もおいしくて過ごしやすくて、、

  最高です!!!

 

 

 

今回のテーマ『幼少期の自分』について書きたいと思います。

小学生の頃の自分は女の子らしい子ではなく、

木登りをしたり、鬼ごっこをしたりとアクティビティな女の子でした。

何よりも1人でごっこ遊びをするのが苦手だったので、

お兄ちゃんとよくチャンバラを行っていました笑

休み時間はだいたい友達とドッジボールかボールあて、鬼ごっこをしていたりと、

とにかく校庭にでてました!

そのおかげでとても体が丈夫に育ち風邪をひかなくなりました。

 

 

私はお兄ちゃんと弟がいるのですが、他の家に比べて結構仲良い自信があります!

男兄弟ということもあり、ゲームとかアニメとかなんやかんや色々分かります笑

おかげで、小学生と会話する時に男のことでも女のことでも何となく会話が成り立つので感謝です!

 

小学生の頃は親に習い事を沢山慣わしてもらっていました。

その中でも1番好きだった習い事はダンスです。

ダンスを通して人脈も広がり、人前に立つのも怖くなくなり

今の自分を作ってくれたのはダンスなのではないかと思います。

高校の時はバドミントン部に入っていたのでダンスから離れていましたが、

今大学でまたダンスを始めとても楽しいです!!

 

以上私の幼少期でした。

 

 

 

 

 

 

 

次回の担当は根本さん!

明日の開館時間

10:00~19:00