今の時期だからこそ言えること | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 10月 19日 今の時期だからこそ言えること

こんにちは! 担任助手の久保井です。

だんだん朝が寒くなってきましたね・・・。

僕には優しい季節になりました。

これからは今まで以上に体調管理には気を付けるようにしてください!

ちなみに僕は体調を崩しました!オイ

 

さて、今回はこの場を借りて高3生の皆さんにメッセージを伝えたいと思います。

 

今年もあと二か月半を切りました。もっと言うと、

センター試験まであと約12週

来年3月まであと約18週半

・・・です。

まだまだあるかと思いきや、残された時間はそんなに長くはありません。

と同時に、

長く苦しい受験生活のゴールもまだまだ先かと思いきや、意外とそんなに遠くではありません! 

いよいよこれからラストスパートに入るわけです。

 

これからの時期で大事なことは

「今までの自分の努力を信じる」ことと

「当日試験問題を解けるようにすることのみを考える」ことです。

当たり前のことかもしれません。だからこそ大事なことです。

先に言っておきますがセンター初日は恐らく今までにないくらい緊張するかもしれません(笑)

 そして言いようのない不安に駆られるかもしれません。ただ成功できるかどうか分からないから不安になるのです。

でも

そんなことを始める前からくよくよ気にしたところで完全に無意味です。

気にしたところで何も得るものはありません。

無理な話かもしれませんが、

生産性のないことをくよくよ考えるのは完全にシャットアウトしてください。

そして今やるべきことのみを考えましょう。

あとは試験問題を解くだけです。

 

そしてもう一つ。

皆さんが二次試験で最高に気にする数値のひとつ、倍率

はっきり言いますが、

これからはこの倍率なんてものをくよくよ気にするのはやめにしましょう(笑)

 というのも

この数字は合格する確率を表した数字でも何でもないからです。

全体母体の中で自分が上からどの位置にいるかなんて分かりません。

分かったところでそれは挽回すればいいだけのことです。

そして挽回するために周りの人間を蹴落とし

自分の順位を上げる特殊能力なんてものは甚だ必要ありません。

必要なのは自分の学力、そして試験会場の空気に押されない精神力のみです。

周りの人間を操るような能力がない受験生全員にとって、

周りの人間の出来を気にすることが完全に無意味です。

つまり大学受験は自分がどれだけ努力できたかが全てということです

 

これからは失敗したらどうしようなどとは考えず、

ひとまず目前の入学試験を乗り越えることだけを意識して

日々の学習に取り組むようにしてください。

 

明日の開館時間

10:00~21:45

 

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手