夏休み以降の勉強 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 8月 28日 夏休み以降の勉強

久しぶりの登場になります。担任助手の荒井です!

センター試験本番レベル模試が終わり、8月もあと4日で終了ですね。

そろそろ学校も始まるころなので、今日は9月からの過ごし方についてお話しようと思います。

 

まず、9月からは学校が始まり、授業や宿題があるため、夏休みのように自由な時間がたくさんありません。

そのため、自分のリズムを作り出して少しずつ勉強することが大事になってきます。

そのため1日あたりの計画を立てるのではなく、一週間あたりのスケジュールを立てて、どの科目もまんべんなく触れるようにしました

これからの時期はどちらかというと知識のインプットではなく、どのように活用していくかのアウトプットが主体になってきます。

そのうえで、定期的に問題に触れていないと知識が抜けることがあるので、勉強しない科目がないようにしましょう。

 

また、これからは少しずつ自分の志望校の過去問演習に取り組んでいくことになります。

僕が受験生のときに困ったのが、過去問演習と他の勉強をどのようなバランスでいつ取り組むかということでした。

過去問は試験時間が90~120分などがほとんどであり、過去問演習をするだけでかなり時間がとられます。

気を付けないと過去問だけで一日が終わってしまった…ということになりかねません。

僕はこの時期は大学別対策講座や答案練習講座を平日に受講し、過去問演習を土日のまとまった時間に取り組んでいました。

よく過去問演習だけやったり、受講ばっかりやる生徒がいますが、それでは成績はあまり伸びません。

受講のインプットと過去問のアウトプットを同時並行で進めて、受講で学んだことを過去問で試すことで実際に使えるようになります。

学校の課題とどのように両立していくかのリズムが決まると、成績を大きく伸ばすことができると思いますよ!

 

明日の開館時間

7:00~20:45

明日のブログ担当担任助手

渡部担任助手です!