私が第一志望に合格できなかったのは | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 12月 30日 私が第一志望に合格できなかったのは

こんにちは!今井です。

2018年も明日で終わりですね( ;∀;)

ついでに、平成ももう終わりですね( ;∀;)

私たち平成生まれも、「え~平成生まれなのw」って言われるようになるんですかね( ;∀;)

みなさん、平成最後の年はどんな年でしたか?

私はとても濃い一年になりました。

大学生になり環境が大きく変わり、色々な人に出会いました。

本当に充実した一年でした(#^.^#)

さて、今回は私が第一志望校に合格できなかった理由について書こうと思います。

 

私は今学習院大学経済学部経営学科に通っています。

今とても充実していますし、最終的に納得しているので満足ではあるのですが、

受験生当時の第一志望早稲田大学商学部でした。

この第一志望に合格できなかった理由を私なりに分析してみました。

①どうしても早稲田に行きたいという気持ちが薄かった

これからあと二つ理由を挙げるつもりですが、何よりもこれが一番大きいと思います。

私の高校は受験に対してとても力の入った高校で、なぜか文系はとりあえず早稲田志望という風潮がありました。

友達が早稲田を目指すから私も置いていかれないように…と早稲田志望にしたという感じです。

勿論早稲田に憧れもあったし、行きたいと思っていましたが、今思えばどこかで私には無理かもしれない

という気持ちが有りました。

②11月くらいから諦めていた

これは①と似ているのですが、10月ごろから過去問を解き始めて、解けるようになるイメージがつかめず、

ああこれ無理かもしれない…

そう思ってから解ける第二志望の青学や第三志望の学習院の問題に逃げるようになり、

早稲田の過去問を解くことを辞めてしまいました。

③本当に行きたかったのは実は青学

第一志望早稲田じゃなかったの?と思うかもしれませんが、実は行きたかったのは青学なんです。

志望校を決める際、友達がみんな早稲田志望というだけでなく、

「MARCHに行きたいのなら早慶目指せるくらいの学力をつけなきゃだめだよ。」

と学校の先生に言われたから早稲田にしたというのもありました。

10、11月と早稲田の過去問しか解いてこなかったので、その期間青学の問題を解いていたら

受かっていたのではないかと悔やまれます💦

 

色々書きましたが、

何よりこの大学に何が何でも行きたい!!という気持ち

がとても大事だと思います。

どうしても行きたいという気持ちがあれば諦めずに勉強を続けられるし、

第一志望に長く時間をかけることが出来ます。

どうしても行きたい!!という大学を見つけるためには大学を良く調べることが大切です。

第一志望のモチベーションを保つためというのは勿論のこと、

どの大学を選ぶかで今後の人生が大きく変わってきますので大学調べはとても大事です。

高校1,2年生の皆さんはまだまだ間に合います。

どうしても行きたいという大学を見つけて第一志望に向けて突っ走ってください!!

 

明日の開館時間

8:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手です!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事