私が第一志望に受からなかった理由 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 12月 28日 私が第一志望に受からなかった理由

2018年も残りわずかになりましたね。

あっという間でした。石橋です。

私の中では、まだ山添担任助手たちが受験生だった時のことが

鮮明に思い出されるからです。

担任助手としてもがむしゃらに働いていたのももう一年前なんですね。

時間がすごく早く感じます。

 

さて、今日はそれよりもまた一年前。

私が受験生だったころの2016年を振り返ってみようと思います。

皆さん、私が今通っている大学をご存知ですか?拓殖大学 政経学部 法律政治学科です。

ここは私にとって、みなさんで言う、滑り止めという位置の大学でした。

 

ではなぜ、第一志望明治大学 政治経済学部第二志望法政大学 法学部に落ちてしまったのでしょうか。

私が思うに理由は3つです。

①過去問を解く使命感に駆られて、苦手と向き合おうとしなかった

②英語の長文が解けないことを諦めていた

③量ばかり意識していて、質や効率にこだわっていなかった

ここで働いていると余計、受かる生徒とあの当時の自分との差を嫌というほど感じます。

毎日、頑張った気になっていたし、かといって胸張って頑張っていたとは言えませんでした。

そんなこんなあって、正月特訓に参加し人生で一番頑張って

センターで自己最高点を取り、気を抜いていました。

そこで、頑張りきれていない自分に気づいてしまい、

明治大学の門の前で泣くことになるのです。

 

つらつらと話をしてきましたが、一番ダメだったことは

気持ちで負けたこと!!

不安に押しつぶされて、明治の受験のお昼休み解けない自分が悔しくて泣きました。

その後も泣いたことにより、テンパって全く戦えませんでした。

家に帰っても涙が止まりませんでした。

そのまま、他の学校も切り替えることが出来ず、ずるずる引きずりました。

強がりの私は本当は全然強くなかったです。カッコ悪い自分も受け入れられませんでした。

 

だから私は口酸っぱく、どんな場所でもこの言葉を言い続けます。

「気持ちで負けるな!努力は最大の味方だ!」

 

明日の開館時間

8:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

熊田担任助手です!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事