眠くなった時の対処方法 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

2018年 6月 18日 眠くなった時の対処方法

どうもー、こんにちは!担任助手の橋本凌我です!

今回はテーマの決まってない回なので、眠くなった時の対処方法について書いていきたいと思います。

第一の対処法は、ガムを噛むことです。ガムを噛むことは脳に刺激を与えます。それに加えて集中力の増加にもつながり、まさに一石二鳥です。

第二の対処法は音読をすることです。音読を行うという行為は脳を活性化させ、気持ち的にも目が覚めた感じを体感できます。

最後に紹介する対処法は、寝てしまうということです。寝てしまうということに驚いた人もいると思いますが、決してふざけて言っているわけではありません。睡眠時間としては、15分~30分がベストだとおもいます。というのも、30分以上寝てしまうと、脳が完全に起きるまで時間がかかってしまいます。仮眠が終わってすぐに勉強にシフトできるように、15分~20分の間で仮眠をとりましょう。

 

受験は体力勝負です。限られた時間を有効に使って、第一志望校に合格しよう!!