理系の大学生活 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 2月 4日 理系の大学生活

 

研究室の希望をどこに出そうか悩んでいる荒井です。
もう研究が始まるのかと時間が経つのが早く感じます笑

今日は僕の大学生活について説明したいと思います。
なんといっても理系と文系の違いは「実験」だと思います。
僕の学科では週に3回実験があり、1回3時間強ぐらい作業します。
無線通信についての実験や半導体の性能の測定の実験など、3年生にもなると専門的な内容の実験が多くなり、難しいけれども楽しさもあります。
実験が終わるとレポートが課されるのですが、それを書くのがかなり大変です笑


理系は忙しいとよく言われますが、実際文系と比べて授業も多く忙しい傾向にあるとは思います。
普段からやるべきことをしっかりしていればサークルやバイトをする余裕も作れます。

理系の授業では高校で学んだ数学や理科を前提としてそれを発展させた内容を扱うので、大学受験の勉強がてらしっかり身に着けておくことをおすすめします。

高校生だと大学についてわからないことが多いと思うので、担任助手にどんな生活をしているのか聞くと大学のイメージが湧き勉強するモチベーションも上がりますよ。

明日の開館時間

9:00~21:45

明日のブログ担当担任助手

石原担任助手