望みは行動しなければ叶わない | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 5月 26日 望みは行動しなければ叶わない

こんにちは!担任助手2年の熊田です!

もう半袖じゃないと生活できないくらい暑くなってしまいましたね?

 

今日は、受験で合格出来るか不安な人に向けてお話ししようと思います!

 

そもそも大学受験とは何のためにあるのでしょうか。

簡単に言えば、志願者の数が定員オーバーしている大学が、その大学に入学するにふさわしい学生を選定するためにあります。

大学受験の本来の意味は、皆さんにあるのではなくて大学が欲しい人を選ぶためにあるのです。

じゃあどうしたら、皆さんの中で意味のあるものになるのかというと、

大学に行きたい思うことです。

逆にその気持ちが無ければ、大して行きたくもない大学に行くために苦労するのは無駄に近いことですよね。

そして、大学に行きたい思わないと大学には行けません。

皆さんの中にその大学に行く意味が見いだせていなければ、その大学には行けないと思います。

 

しかし、多くの皆さんが大学に行きたいと思って受験勉強をしていると思います。

理由は何でもいいと思います。

こういう勉強がしたいから、雰囲気が好きだから、サークルが楽しそうだから、

少しでもいい大学に入っていい就職先につきたいから、同じ高校の人に負けたくないから…

人によっていきたい理由は様々だと思います。

 

行きたい理由があるなら、その理由を受験勉強を頑張るための原動力に変えてください。

行きたくてもレベルが高すぎて今の自分の学力との差がありすぎて無理なんじゃないか…

と思っている人は結構いるのではないかと思います。

今まで頑張ってきた人ほどそう思ってしまうと思います。

でも行きたいというその気持ちを頑張る原動力に変えて、頑張り続ければ必ず合格します。

何故なら、大学受験はその大学に行くにふさわしい人を選定するためにあるからです。

その大学に行きたいと強く望む人は、その大学に行くにふさわしい人です。

 

ただし、望むだけでは望みは叶わないのは誰もが知っていることだと思います。

その望みを叶えるためには行動に移す、それだけです。

 

宝くじは買わないと当たりません。

受験も受けなければ受かりません。

でも宝くじと違うのは、

自分の行動次第で望みは叶えられるというところです。

行きたいなら絶対に受けて欲しいです。

そしてそのために諦めずに努力し続けましょう。

 

 

明日のブログ担当担任助手

進藤担任助手