最後の最後に合否を分けるのは基礎。何故か​。 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 9月 13日 最後の最後に合否を分けるのは基礎。何故か​。

こんにちは!担任助手の小暮です。
サークルの合宿で魚沼にいる小暮です。
最近忙しくてなかなかバレー出来てなかったのですが、久々にみんなとバレーができるのですごく楽しみです。
 
さて、今回は基礎基本の大切さを
伝えていこうかなと思います。
特に高3生に向けて書いていきます。
 
高3生のみなさんは長かった夏が終わり
これからはセンター過去問から
さらに私大・国立の
二次試験の過去問演習へと移行していく
受験の合否を左右する超大切な
時期となってきます。
 
難しい問題もたくさん解きます。
だからこそ、基礎基本が大事なのです。
僕自身、基礎基本の確認をこの時期に
あまりできなかったことで
成績があまり伸びずに苦労した経験があります。
 
受験生時代、9月の勉強を論述などの
難しい問題に時間を割きすぎたせいで
今まで解けていた問題のスピードが
落ちたりしました。
 
難しい問題を解いて合格力を付けるのは
とても大事なことです。しかし
重ね重ね言いますが基礎的な知識の方が
大切です。なぜかというと
難関・有名大学の二次試験に合格する人は
基礎的な問題を落とさないからです。
ただ、だからといって基礎に時間を
かけすぎるのは良くないです。
あくまでもこの時期に必要になってくるのは
合格力をつけること。
基礎があっての応用力です。
 
センターまであと4ヶ月と少しです。
まだまだ気を緩めず、最後まで走りきれるように
気合い入れて頑張っていきましょう!
 

最新記事一覧

過去の記事