成長できる場所 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 3月 7日 成長できる場所

こんにちは!一年の吉田です!

今年はついに花粉症を発症してしまい、なかなか辛い日々をおくっております、、

雨も降ったり降らなかったりで気圧の変化も厳しく体調を崩しやすくなっているので

いつもより体調に気をつけていきたいですね!

 

さて、今回は

①自分にとってバイトとは

②一年間担任助手というバイトをやってきて今考えていること

の二点についてお話していこうと思います!

 

①自分にとってバイトとは

タイトルでも書きましたが、バイトとはお金を稼ぐだけでなく様々なスキルや人間力を高めてくれる、成長できる場だと思います。お金を稼ぐだけが目的なら、ひたすら梱包作業をするバイトでもいいのではないでしょうか?

大学生の生活は、人にもよりますがほとんどが大学とバイト、サークルや部活で占められています。

サークルなどをやっていない人はなおさらバイトの時間は多くなるでしょう。

そんな生活の多くを占めるバイトの時間を無意味なものにしたくはないと思いませんか?

有意義で充実したバイトなら長く楽しく続けられるし、得られるものも大きくなります。

みなさんには是非、お金を稼ぐこと中心ではなくて、大学でどのような生活を送りたいか

を念頭に置いてバイトを選んでほしいと思います!!

 

②一年間担任助手をやってきて今考えていること

私ははじめてやるバイトとして担任助手を選びました。

決めたのは高校二年生の冬でしたが、担任助手の中にこんなに早くやろうと決めている人は

少ないのではないでしょうか。笑

私は東進の生徒時代、本当にたくさんの担任助手の方にお世話になりました。

中でもずっと部活との両立で悩んでいた自分の話を、助言も加えながら真剣に聴いてくれた

担任助手の方がいたからこそ、受験生活を乗り越えることが出来たと思っています。

そして今度は聴く側となり、少しでも生徒の事をサポートできたらと思い、

このバイトをやることに決めました。

 

担任助手という仕事を1年間やってきて、一番はその難しさを感じています。

生徒も自分も人間なので、言葉で伝えなければ心は動きません。

しかし自分は考えていることを言葉にすることがとても苦手だったので、

そこが一番難しい点でした。

 

もう一つは伝えたことを生徒が継続するように見続けること。

私も大学にサークルに、それなりに忙しいのでそれぞれの生徒に話して

継続できているかを見続けることがとても難しいところだと思っています。

 

しかし楽しいと思えることもあります。

それは生徒が自分の言葉で変わってくれた時

私自身生徒の時は、担任助手の方が「~したほうがいいよ」とか「~を~頃までに終わらせようか」と

声をかけてくれたのですが、素直ではなかったので「なんで?」「その意味は?」と考えてしまい、

納得できないとやらないことがとても多くありました。

なので生徒と面談などをして声をかけるときは必ずその意義を伝えるように、

納得してもらえるように、ということを心がけています。

それが実際に生徒の心に届き、考えを変えてくれた時だとか、勉強量を増やしてくれた時に

すごくこの仕事にやりがいを感じます。

 

私はこの担任助手という仕事を通じて、苦手であった自分の考えを言葉にして伝えることや、

イベントを企画した際どうやってチームとして動いていけばいいかなど、

実践的なスキルを学ぶことができました。

一年間続けることができてよかったと強く感じています。

みなさんも、①②でお伝えしたように、やりがいを感じられる仕事を選び、

続けていって欲しいと思います!!

 

 

 

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ担当

熊田担任助手