将来を見るということ。 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2015年 10月 14日 将来を見るということ。

こんにちは!
最近の流行りは英語!な久保井恵祐です。 😈

なんで電気科の久保井が英語なんだ?またビジネスの宣伝じゃないか!と思う方もいると思いますが、
全然関係ありません。
最近流行りと書き出しましたが、正しくはやらなくてはいけないんだなと悟ったと言ったのが真実です。

僕は将来的には電気をもっとミクロに解いて研究をしていくか、大学で学んだことを生かしてもっと最先端で新しいものを作りたい。ということが夢です。
それで最近気づいたことがあります。電気を研究するのはいいが、それを発表するのはどこなんだと。日本ではなく海外です。海外への発表を日本語で発表すると、相手にしてもらえません。

大学で学んだことを生かして、新製品を作りたい。最先端の技術とは今どこのことを言っているのだと。
もちろん日本ではありません。

これらのことを大学の講義内で教授にもう6回くらいは注意を受けました。それくらい聞かせれると流石に自分で考えるようになりました。そして考えれば考えるほど、日本語で大学入る前にも英語は大切だと思いビジネススクールをなんとなく始めていましたが、こういうことについて考えたときにもっとがんばらないもいけないんだな。と思いました。
みなさんのいく学部、目指している夢と英語は無関係に見えてはいませか?本当に必要ないですか?
そして20万円は高いと本当に思いますか?よく調べてみましたか?
本当に頭のいい人は目の前起こっていることを考える人ではなく未来を見据えてよく調べてよく分析をする人です。

最新記事一覧

過去の記事