夏休み後の勉強方針 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 8月 25日 夏休み後の勉強方針

こんにちは!担任助手2年の熊田です!

今日は8月模試ですね!

西新井校の受験生達は9月1日に後日受験する人も多いかと思いますが、

受験生の皆さんにとって8月模試は夏休みの成果を出したい模試ですよね。

ただし、意気込みすぎるのは禁物です⚠️

今後の模試にも言えることなので模試の当日のブログでも話しちゃいますが、

意気込みすぎると緊張して本来の実力を発揮できないこともあるので、適度な緊張感を持って挑みましょう!

模試では何も決まりません。

合否が決まるのは本番の試験だけです。

 

しかし、模試で出来ないことは本番で出来ないということもまた本当なので、

 

模試から緊張していたら、本番で緊張しないということはないと思うので、

なるべく模試では意気込みすぎないようにしましょう!

 

ここからは夏休みが終わったあと意識して欲しいことですが、

それはにこだわった勉強です。

基礎のインプットが一通り終わった前提で話しますが、

ここからはひたすら演習をしていく時期に入ります。

つまり試験で点を取ることに特化した勉強ですね。

そのためにはただその大学のレベルに合わせたインプットをしていれば点が取れるようになる訳では無いです。

問題形式によって解き方はそれぞれ違い、二次私大の入試では応用力が求められることもあります。

なので、ただがむしゃらに暗記や演習をするのではなく、常に点を取るにはどうすればいいのか考えながら勉強するようにしましょう!

そのためにまず過去問を解いて、合格のために自分が付けるべき力が何かを明確にする必要があります!

なるべく夏休み中に第一志望校の過去問は1年分でもいいので解いてみることをオススメします!

そうすれば夏休み後何をやるべきかが明確になって、勉強の計画を立てやすくなりますよ!

 

 

東進ハイスクール西新井校では

一日体験授業を受付中です!!

この夏、大学受験への一歩を踏み出してみませんか?

お申込みは下記のバナーをクリック!