夏だからといって変に神経質にならないこと(^O^) | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2014年 7月 15日 夏だからといって変に神経質にならないこと(^O^)

【昨日の熟語 解答編】

<between ourselves:ここだけの話だが>

例文:Between ourselves, he is guilty.

⇒ここだけの話だが彼は有罪だ。

類:between you and me;confidentially

 

こんにちは!担任助手の寺崎です!

いやー、暑い!!!!

ついにです!

特に、部活に力を入れている人は熱中症にはくれぐれも気をつけましょう!

 

今週は夏休みの過ごし方について、ということですね(^^)v

本日は、高2生以下対象にお話ししていきますー!

 

さあ、高校2年生といえば、特に部活をバリバリやっている人たちは夏は練習漬けになることでしょう(^O^)

「だから、夏は勉強なんてどうでもいいやーーー笑」

って、コラコラ(゜O゜)\(^ o^ )

 高校2年生でもこの夏は超重要です!!!!!!

「高3からでいいじゃーん、まだ受験とか全然遠いしさー(-“-)」

そんなんじゃ、ダメです!!!!

「何でダメなのー?高3から頑張るもん!」

よく考えてみてください、高校3年生から頑張るとみんな言うんですよ。

みんなが全力で頑張る。

そうなるとライバルはみんな頑張りだすし、いくら自分たちも高3から一生懸命努力しても周りも本気でやっているのでなかなか抜きんでることはできなくなります。

したがって、高2の頃から、特に英語に力を入れて、基礎学習を徹底的にやっていくべきです。

「なるほどー、でもこんな長い夏休み、練習もあるし、気が付くと夏休み終わってそうだなー笑」

そうです、意外とすぐに夏は終わります!

だからこそ、この夏に自分は何をすべきなのかを一度整理して、宿題があるならいつまでやりきるのか、受講はどういう風に進めていくのか等々の計画を綿密に立てることが大切です\(^o^)/

「合格設計図をもう一度見直します!」

オッケー、そうだね、もう一度合格設計図を見直して、毎日しっかり予定通り学習を進めていこう!

 

これはもちろん高校1年生にも言える話です。

受験にフライングはない!

私も、バスケ部で練習や遠征等で忙しい中、空いた時間にはしっかり勉強をしました。

特に英語は、高校1年生の頃からバリバリやっていたため、高2のセンター同日では時間もある程度余裕をもって190点取ることができました。

その分、高3ではその分は数学などに時間を割け、高3で英語に困ることはありませんでした。

 

まだ受験は遠いように思えますが、今のうちから受験を意識して基礎から徹底的にやりこみましょう!

高1,2年生はこの夏にオープンキャンパスに行くのもいいですね!(^^)!

自分にとって素晴らしい大学と巡り合える機会になりますよ!

 

 

 

—————————————————————————

 

【明日の開館時間】

11:30~21:45

【明日の教室状況】

ホームクラス…終日使用可

自習室…終日使用可

音読室…終日使用可

※毎日21:30~閉館までで夜音読会を行っています!参加して発音・アクセントを完璧にしよう!!

*今日の熟語*

<correspond with:?>

例文: I have correspond with her for a long time.

⇒答えは明日のブログ冒頭にて!