夏、成績を伸ばしたい | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2014年 7月 18日 夏、成績を伸ばしたい

【昨日の熟語 解答編】

prohibit A from doing:Aが~するのを禁止する

例文:The rules prohibit students from smoking.

⇒規則で学生は喫煙を禁じられている。

 

こんにちは、渡辺です。

本日は夏休みの上手な過ごし方を話したいと思います。

 

まずは、僕なりの長期休みを乗り切るポイントをいくつかご紹介します。

①    長期休みに入る前に、これまでの学習の整理をしてどこが抜けているのか「自己分析」をする。

②    長期休みの後に、どうなっていたいのか「イメージ」をする。

③    やりたいこと、やらなきゃいけないことをリストアップし優先順位をつける。

④    自分の力を過信しない。

⑤    早寝早起き。

以上の5つのポイントを僕は重視していました。

順に説明していきますね!

まず①の「自己分析」は、ただ漠然と夏休み頑張る!!!だけでは効果的な学習はできません。そこで、まずは1学期や今までにやった学習を見直しましょう。教科書をぱらぱら見る程度でも構いません!ここで大事なのは、やったことすべてにもう一度目を通すことです。そして、どこが抜けているのか忘れてしまっているのかを分析します。

②も、とても大切です。長期休みの後にどうなっていたいのかによって、やらなくてはいけない勉強の絶対量が変わってきます。模試でいい点数を取りたいのか、学校の定期テストで点数を取りたいのか、苦手克服したいのか、などです。長期休み後のイメージができていないのに勉強することは、おススメできません。抽象的で構わないので、こうなりたい!というイメージを持ってください。それさえあれば、学校の先生や塾の先生に相談したら具体的な対応策を一緒に考えてくれるはずです。

③は非常にわかりやすく、休みの間にやることをまず全てリストアップします。量が多くて終わらなさそうなら優先順位をつけましょう。すべて中途半端になることが防げます。

 

そしてここがみなさん意外とできない④の自分を過信しないというところ。つまりどういうことかというと、1学期全然勉強できなかったから夏休みは毎日15時間勉強する!!!青チャート3周する!!!

・・・本当にできますか?

もちろんやる気があることは素晴らしいです。ただあまりにも自分の現状とやろうとしていることが乖離しすぎていたら、すぐにガス欠することは目に見えています。1学期に全く勉強していない人が夏休みに入ったからと言って、ふつうは急に丸一日勉強できるようにならないですよね?学校の定期テストでまともに点数取れないのにいきなりむずかしめの参考書やれますか?まずは身の丈に合った勉強計画を立てて、徐々にペースを上げましょう。1学期失敗した人はまずは今までの復習を徹底、成功した人も軽くおさらいはしてください。

勉強は蓄積です。焦っても何も生まれません。

とはいえ、不安なことは多いと思うので学校の先生や塾で相談しましょう。

 

最後に⑤の早寝早起きです。

ここで大事なのが、睡眠時間をしっかり取るということです。

遅くまで頑張って、次の日昼前に起きていたらあまり意味ないです。かといって遅くまで起きて朝も早く起きるのも、途中で体力が尽き果てて効率が悪くなるでしょう。

そこで、実践してほしいのが早寝早起きです。

適切な睡眠時間を確保するには早寝早起きが一番です。

たまに、私は夜型!なんて人もいますが、基本的に人間は12時から6時くらいの間は寝たほうがいい体になっています。

あえて逆らう必要はないでしょう。

 

少し長くなりましたが、以上が私の長期休みを上手に活用する5つの要素です。

さらに詳しく話を聞きたい人は渡辺まで!!!!!

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 ※明日から夏休みなので開閉館時間に注意!!!!!!!※

【明日の開館時間】

7:00~20:30

【明日の教室状況】

ホームクラス…終日使用可

自習室…7:30~英語大問別演習会、20:00~リスニング演習会に使用

音読室…終日使用可

※毎日21:30~閉館までで夜音読会を行っています!参加して発音・アクセントを完璧にしよう!!

*今日の熟語*

<with regard to:???>

例文: With regard to this there’s no disagreement among us.

⇒答えは明日のブログ冒頭にて!