受験生のみんなへ。 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2020年 2月 2日 受験生のみんなへ。

おはようございます。担任助手の小暮です。

コロナウイルス、怖いですね。

都内でも感染者が確認されたとのことなので

くれぐれも体には気を付けて。

ちなみに小暮はまだまだ大学あるので

そんな脅威にも負けず日々を過ごしていきます。

 

さて、昨日から

有名どころの私立大学の入試が徐々に始まり

日本大学國學院大學芝浦工業大学など

今日も入試がある大学がたくさんあります。

今日受験する高校生がベストを尽くせるよう

心から願っています。

 

ちなみに明日も上智大学などの

難関大学の個別試験があり

もうそこが第一志望に

なってくる人もいるのではないでしょうか。

不安や緊張で

勉強に本腰が入らない人もいるかと思います。

そんな時こそ、どんな状況におかれていても

今まで毎日を戦い抜いてきた自分を褒め

信じてあげてください。

その自分を信じてあげることで道は開けます。

 

受験が本格的に始まり、街中でも

応援メッセージを見るようになりました。

応援メッセージを見たり聞いたりするときに

あきらめないで。や全力を尽くすなどの

よくある応援をよく耳にします。

しかしそんなこと当たり前だし

もう実践しているはずです。

自分の第一志望はそう簡単に譲れないし

あきらめることもできないはずです。

 

頑張れ」って言葉もそうです。

当たり前ですが皆さん、頑張ってますよね??

なりたい自分に向けて今、辛く長い受験生活を

頑張って乗り切っている最中ですよね?

だからこそ、頑張っている人に小暮は

頑張れという言葉を贈りません。

でも実際問題このようなことを

当たり前」にできないのが

大学入試であると小暮は思っています。

これらの言葉をかけられたら

何か自分に足りていないものがあると

思ってください。

そして、今まで以上に

その言葉を意識するようにしてください。

意識し、行動に移すことで

最高の結果に繋がりることでしょう。

しかしあくまでもこれらは精神面での準備であり

入試を闘い抜くお膳立てにすぎません。

過去問演習などで必要な学力も備えるように。

 

そんな中で受験が始まっている人も

まだ受験が始まっていない人も

これだけは意識してほしいという事があります。

それは

本番では過去に解いた得点率より

良いものは取れない

ということです。

 

激励でも何でもないじゃないか

と思うことでしょう。

しかし僕が言いたいのは

今取っている自分の行動が

そのまま入試結果に直結すること。

今を最大限に努力できている人にのみ

最高の結果はやってくるということです。

要するに今この瞬間を今まで以上に

大事にしてほしいということ。

入試は始まっていますが

まだまだ勝負はこれから

これからの努力次第でいくらでも

結果は良い方向に傾きます。

皆の力はその程度ではないはずです。

 

あくまでも大学受験は

通過点だと言われています。

だからこそ、その質にこだわりましょう。

結果とはいっても合格or不合格ではなく

そもそも受験として

自分が満足いくものになったのか。

必ず意識するようにしてください。

結果を考えてしまいがちですが

結果という物は受験を本当の意味で

やりきった人にのみやってきます。

 

高校で過ごした3年間。

今までの努力を発揮できる場は

大学入試しかありません。

小暮からはただひとつ。

その努力、第一志望に対する

誰にも負けない熱い想いを

悔いなく、存分に発揮してきてください。

振り返ることなく、前だけを見据えて

常に自分にとってのベストを選択し続けること。

 

最後に。

西新井校のみんなが

笑顔で胸を張って合格を報告してくれる日を

小暮は西新井校から心待ちにしております。

 

あともう少し!全力投球あるのみ!!

 


 

明日の開館時間

13:00~21:45

明日のブログ

髙橋先生