受験に対して思うこと(渡部) | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 1月 3日 受験に対して思うこと(渡部)

謹賀新年。渡部です、こんにちは。

年末は浅草の浅草寺で年明けを迎えました

寒いし、人多いし

西新井大師と何が違うのか?

よくわかりませんでした

なんなら大師のほうが盛り上がってたかも

だけど良い年越しでしたな(^^)/

 

さて、今日のテーマは

「第一志望に落ちた理由」

ということで

新年早々、なかなかハードな内容について

はなしていきたいと思います。

ちなみに自分が今通っているのは

第3志望だった

法政大学 社会学部メディア社会学科です。

 

なんで、自分は第一志望に受からなかったのか。

まぁ、細かいことを挙げようと思えば

たぶん、30個以上は余裕であると思うのですが

(古文苦手だったり、古文から逃げてたり、古文ができなかったり)

結局は

第一志望に対して

どれだけ深い思いを持っているか

という

結構、当たり前っちゃ当たり前のところに帰着するのかなと

今では、思っています。

 

みなさん知っていると思いますが

東進は“夢・志”

つまり

生徒が持つそれぞれの“思い”を最重要視し

大学を中間目標に置いた長期的な視点を大切にしています

 

自分は教育者ではないので

何も偉そうなことは言えませんが

曲がりなりにも

この大学受験を経験した人間のひとりとして

2年間、担任助手という視点から大学受験を見たひとりとして

点数化、偏差値化、係数化を推し進めた日本の公教育が

今、大きな変更・転換を迫られているのくらいは

肌感覚でわかります。

 

そんななか

東進が、今一度、”夢・志”を槍玉にあげ

生徒に、自分がなぜ大学受験をするのか?

という部分を考えさせるのは

大きな意義があると思っていて

皆さんも東進に入ってから

嫌というほど“夢・志”

つまり自分の“思い”というものを

考えさせられてきたと思います。

 

今、受かるかわからない

センターどうなるだろう…

過去問全然わからねぇ…

もう無理だ…

と、キツイ時期に差し掛かっているかもしれませんが

そんなときこそ

敢えて

自分の偏差値をみるのではなく、過去問の点数をみるのではなく

自分の“思い”に立ち返ってみて下さい。

“思い”っていうのは

さっきも言ったように“夢・志”でもあり

自分がどうなりたいかっていうことでもあり

なぜ受験をするのかっていうことでもあり

自分が勉強とどう向き合ったかであり

どう考えどう行動したかということであり

つまるところ

受験期における自分のすべての“思考の過程”そのもの

だと思います。

 

努力は裏切らない!

最後の一秒までわからない、あきらめるな!

自分を信じて、自信を持て!

 

美辞麗句を並べるのは一番簡単

(それを盲目的に信じるのはもっと簡単)

この言葉は全部、本当のことだと(今では)思いますが

言葉の表面だけすくって、そのまま受け取ってたら痛い目見ます。

その言葉を放った人が、その言葉の背後に

どのような“思考の過程”を経ているのか

つまりどのような“思い”を持っているのか

そこを考えること、言葉の裏を読もうとすることが大切です。

 

受かった人の

努力は裏切らなかった! という結果の言葉には

諦めなかった!という結果の言葉には

自分に自信を持った!という結果の言葉には

とんでもない“思考の過程”が隠れているはずです。

逆に受からなかった人は

その大切な部分がすっぽり抜け落ちているんですよね。

美辞麗句は全部、結果に過ぎないんです

その並べられた結果の言葉だけを聴いて

それをただ信じてみるのは

キツイ言い方になりますが

自分を騙しているだけですね。

結果を見てそれを信じるのは簡単なものです

しかし

過程を見てそれを実践するのはタフなものです。

 

と、少し長めのお話になってしまいましたが

受験体験記 ~大谷~ 慶應義塾大学 薬学部 薬学科

一生わすれない、ある日

野原です、こんばんは。

ていの受験体験記。

過去の担任助手の方々の体験記も載せておきます

こちらも非常に参考になるのでぜひ読んでみて下さい。

どんな”思考の過程”を経たのかに思いを馳せて読もう(^^)/

そういった視点で読むと何か掴めるかもしれませんね(^^)/

 

そして、残された時間は驚くほど短いですが

大切なのはやっぱり”思い”を持つということです!!

つまりそれは

自分を騙さないということです!!

皆さんならそれができると信じています!!

 

明日の開館時間

8:30~21:45

 

明日のブログ担当担任助手

糸山担任助手です!

 

最新記事一覧

過去の記事