全国統一高校生テストで得るものとは | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2015年 10月 21日 全国統一高校生テストで得るものとは

こんにちは!!

 

最近決まったのですが、将来の夢は「ドラえもんの道具を一つは作ること。」

 

担任助手の久保井です。 👿

 

そろそろ迫ってきましたネ。

 

ドンッ

 

 

そうです。全国統一高校生テストです。

 

今日は最近皆さんの口から出てくる言葉「数学できねぇ…」

 

についてお話をしようと思います。

 

数学が出来ないと一口に言っても色々な種類がありますが、まず手を付けてもらいたいのがこのセンター試験の問題

 

10月に入り勝利の方程式的にはもう志望大学の過去問を解いている期間となります。

 

もちろんレベルもセンター試験とは違いグンと上がります。そこでつまずいて俺はもう無理だ…なんて思ってしまうわけです。

 

そうなってしまった人はもう一回センター試験の数学に立ち返ってみてください。

 

なぜなら!

 

センター試験レベルの問題においても穴がある人がいるからです。

 

センター試験の数学平均すると何点取れていますか?

 

60点くらいで満足してはいませんか?もう10月だ2次私大の過去問をやらなくては!!

 

と焦ることが悪いことだと言っているわけではありません。

 

土台が出来ていないのに上ばかり目指すと演習の効果が薄くなってしまいます。

 

何も2次私大対策は全科目一斉に始める必要はありません。自分の今のそれぞれの教科のできに合わせて、英語は過去問、数学はセンターレベル。と分けていっても悪くないです。

 

この全国統一高校生テストは自分の基礎が本当に出来ているのかを図るテストと言ってもいいでしょう。出来てないなら出来てないんだな、と自覚しないといけません。

 

大切なのはそのあとです。とりあえず模試は全力でぶつかってこそ意味のあるものです

 

ぜひ頑張ってください。 😯

 

 最後に、

本日も元気な西新井校です!!!!