入試本番に向けて | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 1月 13日 入試本番に向けて

こんにちは!担任助手の熊田です!

去年のセンター試験は1月13、14日に実施されたので、

私がセンター試験を受けてからちょうど1年が経ちました。

もうあの日から1年もたったと思うと感慨深いです…

 

 

では本題に入ります!

 

今日は私が受験生の時励みになったものと、

私が直前期に思っていたことを皆さんへの励ましの言葉として送ろうと思います。

 

 

 

まず励みになったものは二つありました。

 

一つ目は音楽を聴くことです。

私は受験の間も音楽は手放せませんでした。

聴きながらの方が勉強に集中できるタイプ(そうでない人もいるのでその人は気を付けてください)だったので、

この時期は日本史一問一答の確認作業を毎日1時間ほどしていたのでその間に聴いたり、

あとは昼食を食べ終わった後、眠くなってしまわないように明るい曲を集めたプレイリストを作って聴いていたりしました。

受験だからと言って応援ソングばかり聴いて意識しすぎるのも良くないと思ったので、

普通に私が好きなアーティストを聴いていました。

ただ、頑張ろうと思わせてくれた曲はあったので、それを紹介します。

それは、sumikaの「ふっかつのじゅもん」「グライダースライダー」です。

特にグライダースライダーは自分の希望している進路は間違ってないんだ!と再確認させてくれた曲です。

是非聴いてみて下さい◎

 

励みになったものの二つ目は、

周りからの応援です。

学校の担任の先生と部活の顧問の先生が合格祈願の鉛筆をくれて激励の言葉をくれたり、

親が私の代わりに湯島天神まで行って合格祈願してくれたり、

東進西新井校の当時担任助手だった方々が入試前日に応援してくれたりと、

自分のことを応援してくれる人がこんなにたくさんいるんだと思い、とても嬉しかったことは今でも覚えています。

 

余談ですが、受験生になるまでは他人事でしたが、

受験生になると、世間も結構応援してくれているということに気付きました。

いうなれば、日本全国の人が受験生のことを応援しているわけです。

特に大学受験を終えた人々は、みんな受験の辛さ大変さを知っているので応援してくれます。

ライバルは同じ試験を受ける受験生のみ、

あとはみんな自分の味方だと思って頑張ってください!

 

 

次に直前期私がどのように過ごしていたかお話しします。

といってもこの時期どのような生活を送っていたのかはっきりとは覚えていません、、

それはなぜだろうと考えたときに、私が出した答えは、

特別意識していたことはなかったから

です。

もともと私は意識しすぎると、本番で力を発揮できないタイプだったので、

なるべくいつも通り過ごすようにしようと思っていたというのもありますが、

朝起きて家で勉強して昼ご飯を食べて東進で勉強して帰って夜ご飯を食べて寝る

という生活を毎日送っていたら気づいたらセンター前日になっていました。

決して自信があって余裕があったわけではありません。

もう私は直前期には腹を割って勉強していました。

今やるべき事を全部書き出して毎日それを潰していくことだけに集中していました。

今ここで結果の心配をしても勉強の妨げになるだけ、

実際に受験をして合否が出るまで結果は誰も分からないと自分に言い聞かせて勉強していました。

 

なので、

受験生の皆さんに私から

「入試の結果は終わってから心配しろ!!!」

という言葉を送って今日のブログは終わりとさせて頂きます。

 

 

明日の開館時間

 

11:30~21:45

 

明日のブログ担当担任助手

 

橋本担任助手です!