人生と受験の関係性 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2015年 11月 3日 人生と受験の関係性

こんにちは!

最近、勤務中に使っていたお気に入りのボールペンのインクがなくなってショボンとしている岡です!
ちょっと久しぶりのブログ登場ですが、みなさんわたしのこと忘れてませんか?(笑)
 
さて、本日は最近の私自身の現状と生徒のみんなの現状を踏まえて考えたことがあるのでそれを書こうかなと思います。
 
 
 突然ですが、皆さんに質問です。
 
学校行事や楽しいことを優先して
自分のやらなければならないことから目を背けていませんか?
 
 
そうやって目の前の苦労をしたくないから避けて
後々もっと大きな苦労をする人がいます。

例えば…

高速マスターの単語の完全修得、なかなかできないからやらない
熟語も文法も一向に進まない
でも、受講はたくさんあるから進めなきゃ。難しい長文の授業もやらなきゃ。
基礎力がないから当然模試の結果は悪いし、
受講の内容の応用力だって身につかない
慌てて基礎に立ち返る
 
一例ですが、こんな感じ。
 
 
 これ、本末転倒ですよね?
 
 
 
生きていれば多かれ少なかれ苦労は誰でもします。
 
ならば

「どの苦労を選択するのが最善か」考えてみてください。

 

お金を得るための苦労をしてお金持ちになる”

”お金を得ないでお金のない生活の苦労をする”

どちらを選ぶのかはあなたの自由です。

 

高速マスターの完全修得に苦労して長文を読みやすくする”

”高速マスターはやらないで長文がまったく読めない苦労をする”

どちらを選ぶのかもあなたの自由です。

 

あなたはどっちを選びますか?

どの道苦労するなら、

何かを得られる苦労の方が楽しい のではないでしょうか。

 
 
受験も人生も同じ

生きることは面倒で大変なことの繰り返しで

誰一人思い通りに生きてはいないはず。

他人のことは良く見える

でも、

その人が頑張ってきた苦労(=努力)は知ってますか?

表面だけで自分と比べてませんか?

 

己の考え方とモノの見方を変えなければ

いつまでも自分は変わらないし、成長しません。

 
確かに

”変わらないで今のまま目の前のものに苦労しながら生きる”

ならそれもあなたの自由です。

でも、

成長しない人にはチャンスも来ない

来ても成長しない人は活かすこともできない

自分のやりたいこと、やらなければ到達しない目標が

どんなに遠くても凄く苦労すると分かっていても、

自分が果敢に挑めるそこから自分の成長を実感し、楽しめるようになれば

 
それは「苦労ではない」と思います。
 

立ち止まっているから苦労しているんです。

変化に挑戦をしたのか。

環境を変えたのか。

自分を変える覚悟をして取り組んだか。

もう一度言います。

 
「人生は必ず苦労するもの」です。

どんな苦労を選ぶかは自由ですが

成長をしない選択をした後の苦労はこれまで以上に辛くなると思います。

己を鍛えられる成長できる苦労を選びそこに喜びがあれば

苦労は苦労でなくなるもの

全ては自分が選択できるだけ

どの苦労を選ぶかはあなた次第

だと思います。

 

いやあ、こう考えると人生も受験もすべて根本は同じ。
人生って奥深いなあと大学2年生ながら思います。
 
わたしも、現状を打破して成長する努力をしていきます。
 
一緒に努力して成長していきましょう!
 
 
全国統一高校生テストの結果を見て現状を変えたいと思った東進生以外の皆さん!
冬期無料招待講習やってます!
西新井校で待ってます(^^)!