メンタルの保ち方 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 10月 21日 メンタルの保ち方

こんにちは!2年の吉田です!!

とても個人的ですが、最近サークルの幹部に就任し、

東進との両立で多忙を極めております。笑

私も今回のテーマでメンタルの保ち方について

考え直したいなと思います!

 

さて、今回は

「メンタルが落ちた時の回復方法」について。

ですが、私からはなるべくメンタルが落ちないような

考え方についてお話しできたらと思います!

 

 

みなさんが気分が落ち込んでしまう時ってどんなときですか?

受験勉強で言えば成績が上がらなかったり、

ぼんやりとした不安に押しつぶされそうになったり、

なんだか集中できないだったり。

 

普段の生活で言えば、

友達や家族と上手くいかなくて…などでしょうか。

 

そういった不安などは受験勉強にはつきものだったりします。

私も現役の時は自分もよくあったし、

周りの友達も落ち込んでしまっているところをよく見ました。

 

でも、それで勉強に手がつかなくなったり、

集中度が落ちたりしたら本末転倒ですよね…。

 

わかってはいるけどそうなってしまうもの

でもあると思います。

 

 

そんなみなさんにオススメしたい考え方を

今日は一つだけお伝えします。

 

*DOの自信ではなくBEの自信を持つ

ある本で出会った考え方なのですが、

ぜひ取り入れてみて欲しいと思っています。

 

これは受験勉強というよりかは、あり方のお話です。

 

もっと自信があれば試験で緊張しないのにとか、

落ち込んだりしないのに、、と思ったことはありませんか?

 

「DOの自信」とは、今までに成し遂げた

「この前の模試で8割取れたから次もそれ以上取れる」

といったイメージです。

え、自信ってそういうものでしょ?

って思う方もいると思います。

でもこれは、点数が取れなければ自信はつかないし、

取れたとしても、一度ガクッと点数が落ちてしまえば

あっという間にその自信は崩れ去ってしまいます。

 

これがDOの自信。

自分が前にこうできた(DO)から次もできるはず、といった、

自分の過去の成功に自信が寄りかかっている状態です。

 

でも、先ほども言った通り、

この自信は一度できなくなったり

失敗しただけで崩れてしまう脆いものなんですね。

 

 

 

さて、それではもう一つの「BEの自信」

とは何なのか。

 

これは、「自分はこうありたい」と思っていて、

そんな自分を自分自身が容認して良いな、

と思えるような状態です。

 

例えば、

「自分は全ての頑張ろうと思ったことに対して

妥協せずに頑張れる人でありたい」と思ったとします。

それが出来ているかそうでないかは問題ではなく、

そう思っている自分自身を良いなと

思えているかどうかが大切です。

 

その状態の人は、上手くいかないことがあっても、

妥協せずに頑張りたいというのが自信の根源なので

落ち込んで勉強に手がつかなくなるまではいきません。

なったとしても、「それも自分だな」

と考えて割り切れるのです。

 

少し説明が難しくて、そんなことできるの?

と思う方もいると思います。

 

でも、こうやって考えられる人は、

「落ち込まない」のではなく、

「落ち込んだ時も立ち直りが早くなる」

といった傾向があります。

 

DOの自信の人は、落ち込んだ時に、

自分のことをこれがダメ、これも、、と

結果や行動に重きを置いて、出来た出来なかった(DO)に

敏感になりがちです。

 

BEの自信の人は、落ち込んでも、

「自分は今マイナスに物事を捉えているな、

でもこうありたいと思っているから、

明日からはもう一度妥協せずに取り組もう」

と考えられるのです。

 

今回の話は、本一冊のとても大事な内容を

要約して書いたので、少しわかりづらかったかなと思います( ; ; )

でも、こんな風に自分がこうありたいというものを大事にして、

大事にしている自分が良いなと思えている人は、

安定して頑張ることができます。

 

もし、この考え方を良いな、と感じた人がいれば

ぜひこれから自分がどうありたいのかについて

考えるところから始めてみてもらえればと思います!

 

ちなみに

「自分にも他人にも誠実で思いやりのある人でありたい」

というのが私の「BE」です笑

 

 

受験勉強で頭がいっぱいな人が多いとは思いますが、

「自分はどう受験に向き合いたいのか」

を考えてみてください!!

 

 

 

〜明日のブログ担当〜

畑野担任助手

〜明日の開館時間〜

10:00~19:00

※明日は祝日なので開館時間に注意してください!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事