センター8割取るためにやっていたこと&反省点 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 2月 19日 センター8割取るためにやっていたこと&反省点

こんにちは!担任助手の石原です。

もう続々と私立組は合格発表が出ていて

国立組はいよいよ本番といったところではないでしょうか?

今の2年生はいよいよ3年生です!

今回は低学年の生徒でセンターの点数が

伸び悩んでいる人たちに向けて話していこうと思います。

自分の体験記としては、2年の12月から三年の6月まで

ずっとセンター英語6割で停滞していました。

結果として停滞を打破した方法としては、8月中のセンター10年分演習の影響が強かったです。

しかし、受験を終えてみて思ったことは早期の基礎固め出来ていれば

もっと早く8割に到達していたのだと思いました。

その基礎として当時の自分にかけていたものとしては

英語において文法でした。文法は最後の最後まで出来ないまま終わりました。

自分が9割に到達できなかった最大の理由が紛れもなく文法でした。

高2の時に高速マスターの文法は、並び替えを惰性でやって完全修得しました。

しかしそれではやらない方が良かったと思いました。

受験後にTOEI対策として文法をやろうと思い高速マスターをやった時

一つ一つ丁寧に解説を見てみた結果、実際に理解できました

現在校舎でも高速マスターの文法がきついという人いると思います。

しかし少し時間はかかりますが、このように解説を見ながらやってみたら理解しやすいのは確かです。

話しがそれましたが、高速マスターは基礎固めにうってつけです!

毎日の継続もしやすいと思うので、点数が伸び悩んでいる人は継続してやってみましょう!

 

 

明日の開館時間

9:00~21:45

明日のブログ担当担任助手

荒井担任助手です!!

最新記事一覧

過去の記事