ひとつの間違い? | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 10月 7日 ひとつの間違い?

どうも皆さんおはこんばんにちは!

担任助手1年の山添智広です!

今日は自分の過去問の取組み方についてです!

当時の自分は、

10月20日前に受講をほぼ終わらせ、

11月からは過去問を中心に進めていました。

(もちろん受講していた時も過去問は並行して進めていました。)

なので、

割と過去問にかける時間も多く

第一志望は、

3周しました(これガチ)

ただ

僕は第一志望に受かることは出来ませんでした。

ちなみに

センター演習も

年度別は英語だと直近5年は4周したり

大問別もある程度(600ぐらい)はこなしていながら

本番は目標点数を取ることは出来ませんでした。

みなさんは

勉強は

質×量という

言葉をきいたことが一度くらいあると思います。

ただ

当時の僕は

質が1でも、

量を100やれば受かるみたいなことを考えていました

もちろん

ある程度の復習はしていましたが

自分で過去問ノートを作ったりはしませんでした。

ここまで言っていうのもあれですけど、

自分はその当時の選択は後悔はしていません。

受験勉強に限らずですけど

正解は1つではないと思っているので、

受かればそれは正解だし、

落ちればそれは間違っていた

になるのかなと感じています。

でも

今考えて思うのは、

量only

質only

で戦うのは

限界があるのかなということです

受験生は

今受講に追われている人が

多いと思います。

ですが

受講だけでは

受かるのは結構至難の業だと思います。

過去問を並行して進めていくのが

質、量、効率ともに

一番いいと思うので、

過去問isGOT

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

明日の開館時間

8:30~19:00

体育の日!

明日のブログ担当担任助手

石橋担任助手