この時期の模試の感触 | 東進ハイスクール 西新井校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 30日 この時期の模試の感触

こんにちは。担任助手2年の根本涼大です。

変な挨拶文化は自分の語彙の関係により破綻しました。

 

更新が久々になって申し訳ないです!

しかもビッグニュースがあるんです!

なんと、、、ハンターハンターの連載が再開しました!!!

これは嬉しい。

Huluで一周しただけですが、もう絶句ですね。

特に一押しはキメラアント編で、ネフェルピトーが一番好きです。

たまらなくないですかあの中性的な顔立ちなのにあの男気。

ゴンさんとの決闘を何周もしました。

ちなみに分かる人にはわかると思いますが

メルエムとコムギが死んだときは号泣しました。

ミーハーの僕が嵌るのもうなずけます。

 

 

まあ、そんな新たなオタクな一面も見せつつ

下半期もフルスロットルで行きます。

 

 

 

さて!今日のテーマは「この時期の模試の感触」です。

 

難しいですよねこの時期は。

何をやったらいいか分からなくなるうえに、モチベも消えてくる。

いま東進生は絶賛単ジャを進行中だと思いますが、予定通り進行している人は

そろそろなくなってくるか、難しいのだけ余って途方に暮れていると思います。

そんな中挑む模試なんで、不安いっぱいの人が沢山いるとおもいます。

 

しかし、解き終わったとき自分が感じた感触は

「あれ思ったよりイケてるぞ」です。

しかし自己採点した時に分かることですが、

そんなこと全くありませんでした。泣いた。

 

何でこんなことが起きるのか、冷静に考えてみました。

恐らくですが、

解き方も導き方もうっすら分かっているが、詰めが甘い

要するにまだまだ完ぺきではない、最後の一押しが足りていないのです。

 

 

こんな抽象的なことで申し訳ないのですが、あと一歩です。

受験生の皆さん、今が本当に耐え時です。

この後良い方にも悪い方にも転ぶのは自分の頑張り次第です!

自分を信じて頑張って下さい!

 

 

 

 

明日の開館時間

13:00~21:45