【冬の体調管理方法】 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2019年 12月 9日 【冬の体調管理方法】

どうもみなさんおはこんばんにちは!

日本一になる男

担任助手2年の山添智広です!

早いもので、12月に入り、

あっというまに前半の10日がたとうとしています。

受験生にとっては

ほんとに不安焦り毎日を送っている人も多いと思います。

一年間ってはやいですね。。。

また別のブログでも書くかもしれませんが、

思えば、今年は1月1日から東進の開館勤務から始まりました(笑)

今年の思い出といえば、

今思い返しても、9割方東進で埋め尽くされている気がします。。。

残り20日となった2019年!

今まで以上に

一日一日を大切に

全身全霊を意識して過ごして行こうと思います。

さて!

今回は冬の体調管理方法について書いていこうと思います。

何やっていたかというと

R-1毎日飲むことです!

みたいな派手なこと?はしていませんでした。

僕の体調管理方法は2つ!

一つ目!

① 朝起きたら、必ずうがい・手洗いをする!

これは必ずやっていました。

どこかのテレビで言っていたのを聞いたのですが、

体調不良になりやすい感染経路としては

体内の中に菌が入って、

発症するケースがとても多いみたいです。

さらに、

朝起きたときの人間の口の中は

菌だらけでそのまま飲食をすると、

衛生的に非常に悪いということを聞いたので、

そのことを聞いた時から、

朝起きた時から必ず手洗い・うがいを行うようになりました。

今では、朝起きたときにこれをしないと

日中過ごしていても、すごく気持ち悪いです笑

② 朝早く起きる

人間、朝起きて、太陽の光を浴びることで

体内時間が朝にリセットされ、

一日のスタートがよくなる。

と科学的に証明されているみたいです。

僕自身はもともと部活で朝練習があったことから、

朝起きることはそこまで苦痛ではありませんでした。

朝早く起きることで、夜勉強するよりも

頭がすっきりした状態で勉強を進めることができるので、

朝早く起き、学校に行って勉強することをやっていました。

ここまで僕の受験生時代の体調管理方法を書いてきましたが、

体調管理は継続することが命です。

人間、習慣化するには3か月と言われいます。

今からでもギリギリ入試本番には

習慣化した状態で挑むことが出来ます。

今の自分の生活に不満がある人は

これが最後と思って試してみてはいかがでしょうか?