SugakuKeisanEnsyu | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2016年 5月 3日 SugakuKeisanEnsyu

こんにちは、

皆さんお気づきでしょうが、気温が安定しなかった4月が終わり、5月に入りました。

新学期の浮かれムードはすっかり終わり、落ち着いてきた頃でもあると思います。

もしくは「5月病」で勉強のやる気なんて起きないよーと言う人もいると思います。

そういう時にはぜひ校舎に来てください!!どんな相談にでも乗ります。

担任助手の久保井です。 👿

今回は「数学計算演習の大切さについて」です。

皆さん高速基礎マスター講座の「数学計算演習」やってますか?

問題数が多くてめんどくさーい、問題が簡単すぎてつまらなーい。

という人のためになぜ「数学計算演習」を僕が推す理由について書きたいと思います。

みなさんはなぜ数学の問題に困るのでしょうか?

練習問題ではあんなに簡単だったのに…

章末問題は何で解けないの…

模試では何で解けないの…

その原因の一つに一つ一つの分野が完璧でないということがあります。

僕は数学の応用問題とはこういうイメージだと思います。

 

これはある大学の入試問題の大問2の(1)です。

この問題が解けると言う人は、この問題の下に積まれている。一つ一つの項目が完璧に理解していて尚且つ上手い結び付け方が分かっている人です。

そんな人になるための一歩が数学計算演習での分野・項目別演習です。

数学を受験で使う人は、自分の得意な分野・項目からでいいのでとりあえずやってみましょう!!

<<明日の開館時間>>

8:30~21:45

<<明日のブログ担当>>

大谷担任助手