REBORN | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 4月 29日 REBORN

こんにちは!

 

好きな料理は中華フレンチ居石和樹です!

 

 

こうしてブログを書くのもついに最後となりました。

 

 

思えば初回からいきなりアイドルの話をしたり、

 

3000字近くもあるロングブログを書いたり、

 

謎の英語の長文読解問題を出したり16/12/15 皆さん解けましたか

 

次郎丸の写真を載っけまくったり…

 

変なブログでも付き合ってくれたスエブロファンの皆さんには感謝カンゲキ雨嵐です!

 

 

ちなみに正しくは「感謝感激雨あられ」だそうです。

 

でも一体なぜこういうブログを書くようになったのか。

 

 

それは、人と違うことをしたかったから。

 

他のみんなが書くブログっていうのは、受験生に役立つ情報だったり、激励だったりしますね。

 

でも僕があえてそういうことを書く必要はないと思っていました。

 

 

それは、僕の受験生活が決して正攻法といえるようなものじゃなかったから。

 

詳しく書くと自慢みたいになりそうなので割愛しますが、

 

ずっと机にしがみついて我武者羅にやってきた、というタイプではなかったのです。

 

1番好きな数学には、割と長い時間を割きました。

 

そのぶん理科が疎かになってしまったんですよね。

 

だから、僕ができるアドヴァイスは結構少ない。

 

それゆえ、暗くなりがちな受験生活を照らす太陽として、他の担任助手と違う視点からブログを書いてきたのです。

 

まあそれでも、個人ブログで書くべきことを持ち込むのは良くなかったですかね…

——————————————–

I want to tell you about two things.

 

One of them is that English is essential for us.

 

Now almost all students are learning English, but why do we study it?

 

Let’s think with us.

 

English is spoken by the most people in the world.

 

English is spoken in USA, UK, Australia, Singapore, etc.

 

By learning English, we can communicate with people in such countries.

Which means we can make friends with more people, and can learn various cultures.

 

In addition, we are required to use English when we introduce our researches.

Papers written in Japanese are read by nobody.

 

Nowadays many big companies require new graduates to get a high score in TOEIC, because these companies have good markets in many foreign countries.

If you are not good at English, you have a big disadvantage to get a job.

 

So you shouldn’t hate English. People who escape from English is ugly, I think.

 

By the way, the reason why I wrote this English passage is to maintain my ability of English. We forget anything unless we use them. I don’t want to lose my treasure which I have saved since I was an elementary school student.

——————————————–

というわけで、英語の重要性についてお話ししました。

 

ここからは、僕が伝えたいことの2つ目について書かせていただきます。

 

とっっても長いですが、お付き合いいただければなぁ、と思います

 

 

 

さて皆さん、一生懸命勉強してますか?

 

入試って難しいですよね。

 

模試とか受けても満足のいくような出来の人は全くと言っていいほどいませんよね。

 

入試本番が近づくと、模試の成績が上がらないから志望校を下げたい、という人も多く見かけました。

 

でも、僕は思います。

 

 

ここで萎えるか萎えないかが、受験で勝つか負けるかの分かれ目だ

 

と。

 

自信を失う、それは、自分が第1志望に受かる可能性があるのにも関わらず、自分の中に秘められたその可能性を信じないで捨ててしまうこと。

 

要するに「逃げ」です。

 

 

その後に待つのは、「後悔」です。

 

そういう面では誰よりも強かった、という自負が僕にはあります。

 

模試でE判定でも

 

「で?」

 

っていう開き直りぶり。

 

なんとかなると思って、やることはやって、試験を迎えました。

 

 

ただ、今振り返るとそんなこと言えますが、受験生時代にはそのことに気づいていませんでした。

 

自分の可能性を信じきることが重要だ、そう気づいたのは、ある夜のできごとを思い返したときでした。

 

*最後なのでまた、長いたとえ話が続きます。

 

 

2015年6月6日。

 

その日の夜は総選挙でした。AKBの。

 

テレビの前に釘付けになっていました。

 

皆さんご存知の通り(?)、私は須田ちゃん推しです。

 

2013年にゴールデンの番組で「柔軟女王」になると、その年の総選挙で16位と選抜入り。

 

2014年には10位まで上がりました。

 

当たり前のようにこの年も選抜入りするものだと思っていたのですが…

 

 

 

18位で呼ばれてしまいました…

 

 

ショックでした。

 

 

泣きじゃくる須田ちゃんを見て、胸が痛みました。

 

 

そのあと撮影された集合写真に写っていた彼女は完全に無表情

 

茫然自失とはまさにこのことなんだ…

 

 

その後ブログを見ました。

 

そこには想いの全てが打ち明けられていました。

 

何度も繰り返し読み、その言葉を解釈し、考え続ける日々…

 

そして、そばにあった日誌に、その言葉をぎっしり書き詰めてみました。

 

ちなみに、自分の中に溜まったモヤモヤは書きまくる、というのは、そのモヤモヤの解消に効果的だって須田ちゃん言っていました。確かに過去の西新井校のブログ遡ってみても、一週間の振り返りに「弱っちーな!」なんて書いてあるのありましたねアレ結構好き

ただ僕はそれの吐き出し方が自分の興味あることについての誰も読まない解説と誰も解けないクイズ、しかも学級日誌という超コアなものなんですね…

 

それは置いといて、

 

 

ふだん目にする彼女の姿は、とにかく明るいし、とにかく元気。

 

握手会では、AKBグループ随一の神対応

 

ファンがレーンに入って来たらすぐ握手を始め、時間いっぱいになっても、出口近くまで握手し続ける。

 

 

ファンへのもものすごい。

 

出逢った人のことは、「ダスノート」というノートにまとめてあります。

 

だから、再び愛に来たときでも、ちゃんとおぼえていてくれるわけ。

 

 

そして、あのひたむきさ

 

元々いたのはステージの端っこ、目立たない場所。

 

そんなところでも全力で、満面の笑みでやっていれば、応援してくれる人がついてくる。

 

そう信じてやってきた結果、こうして多くの人々に支えられ、認知してもらえるようになったのです。

 

 

 

そんな中でのあのできごと。

 

「アイドル」としての自分は崩れ去った。

 

みんなが理想としている「アイドル」像を追求するあまり、自分が楽しむことを忘れてしまったから。

 

これを機に、アイドルを辞めようとした。

 

 

しかし最終的には、SKEを続けることにしたのです。

 

もっとみんなに笑顔を届けたい。

 

自分にはまだまだできることがある。

 

 

 

 

こういう想いから彼女は、改めて「人として」アイドルを続けることにしたのです。

 

 

 

これが、僕の人生観に大きな影響を与えた、6月10日の「人間宣言」です。

 

 

それからというもの、テレビで彼女の姿を見かけることは少なくなってしまいました。

 

でも、彼女に愛に行きたいという気持ちは強かった。

 

 

だから、愛に行きました

 

2015年11月。僕は受験勉強真っ只中でした。

 

 

そう、僕の心の中で、彼女の存在は支えになっていました。

 

今まで本当の自分というものを毛嫌いしてフタをしてきた彼女が、自分らしく再び歩み出した。

 

「自分を愛せ!」

 

と言い聞かせてくれているようでした。

 

 

結果、次の総選挙では神7入りし、そのおかげでゴールデンの人気番組で悪役ぶりっ子を怪演したり、自己啓発本を出すことができるようになったり。

 

 

なんと嬉しからずや。

 

 

 

 

 

長々と話してきましたが、要するに、

 

 

 

自分というものにしっかり向き合い、自分を信じ、自分らしくいることが重要

 

 

だということ。

 

 

下手にいい子ぶっていては、受験生活の途中で精神的に限界を迎えてしまいます。

 

 

常に良い成績をとらないと、という気持ちはもちろん重要ですが、

 

 

悪い成績だったからといって志望校を下げたり、萎えたり、見栄を張ったりするのは違うんじゃない?

 

 

悪い成績でもいいんだよ。

 

 

悪い成績だったらどこが悪かったのか分析すればいい話。

 

次ちゃんとできるようにすればいい話。

 

 

悲しければ泣いていいし。

 

とにかく、受験が終わったあとに、

 

 

やりきったな

 

 

という気持ちになれればいいんだ。

 

 

 

 

受験は人生の中でも大きなイヴェントの一つ。

 

 

 

 

今までに経験したことがないような試練です。

 

その中で、間違いなく人は変わります。

 

新たなる自分に、生まれ変わります。

 

そして、自分を信じるということ、それが「自信」です。

 

「自信」を持っていきましょう。

 

みんなが生まれ変わった姿を楽しみにしながら、僕は残る担任助手に後を託します。

 

そして僕も、今年は須田ちゃんも学んだなど、新しいことにチャレンジして行きます!

 

 

 

それでは皆さん、

 

 

ありがとうございました!

 

 

明日の開館時間 8:30~19:00  17時から決起会!

 

明日のブログ 荒井担任助手

 

最新記事一覧

過去の記事