~受験生活を振り返って~ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 2月 26日 ~受験生活を振り返って~

こんにちは!この間、担任助手の同じチームのメンバーで大阪に行ってきました!小さいころから関西弁に憧れていたので、生で聴けるのを楽しみにしていたのですが、あまり聴けなかったのが心残りです(ToT)/~~~

担任助手の野原です(^O^)/

今日は2月26日!

国公立を志望しているひともほとんどの人は試験が終わったと思います。

本当に、おつかれさまでした。

手ごたえはどうでしたか?

出来た人も、残念ながら実力を発揮できなかったなという人もいると思います。

試験は一度きり。

いい結果が出ることを祈るしかありません。私も皆さんが合格できることを祈っています。

とはいっても、受かる人もいれば受からない人もいます。受験ってそういうものです。

自信があったのに受からなかったり、自信がなかったのに受かっていたり。

受験って本当に何が起こるかわからないんですよね。

でも、どんな結果であっても、受験生活を通して得たものは大きいと思います。

受験を通して大きく成長できたのではないでしょうか。

それは、受験を経験した人全員に言えることだと思います。

友達や家族の大切さを改めて感じることが出来たり。これも成長の一つだと思います。

大学受験は、自分が想像していたより何倍も苦しく、高校受験とは比べられないほどしんどいものだったと思います。

しかし、それをあきらめずに最後までやり切ることが出来たのは、みなさんの周りに友達や家族がいたからだと思います。

互いに切磋琢磨し、刺激し合い、受験を乗り越えた友達は、一生の宝物になると思います。

 また、冷静に物事を考え直す大切さも学べたのではないでしょうか。

私が現在通っている大学は第一志望の大学ではありません。

私は一番自分が行きたい大学に進学することは出来ませんでしたが、そういう面で現実をみて、そこに進学する!と切り替えることで、自分に一番縁のある大学に合格したと思っています。

また、困難に立ち向かうことが出来るようになったり、目標があると頑張れることを知ったり。

勉強が嫌いだったのに、いつしか周りとは勉強の話しかしなくなって、目標に近づいたらワクワクして喜びを感じたこともあるんじゃないでしょうか。

やっぱり皆さんが一番成長できたのは、“あきらめないこと”だと思います。

どんなに成績が伸び悩んでも勉強を続けて、試験終了の合図まで粘り続けましたね。その力はこれからの人生の糧になっていくと思います。

後期試験を受ける人。

前期でいくつも落ちてしまったひともいると思います。

でも、そこで立ち直って頑張れるひとはきっと後期試験で合格を勝ち取ることが出来ると思っています!                             入試では、一発で受かることは何より大事だしそっちの方が良いと皆さん思うと思います。

しかし、入試はすごく厳しいものでみんながみんなうまくはいきません。

でも、精一杯やりきったのなら落ち込む必要は全く無いと思います。

そこには縁が無かったのだと思い、常に前を見て頑張ることが大事です。

今日の努力が明日につながります。

一歩一歩着実に合格に近づけるようにがんばっていきましょう。

何度挫折しても、決して諦めないことが大切です。

チャンスがある限り挑戦し続ければ、必ず道は拓けてきます。

大事なことって目標達成をすることだと思うかもしれないけれど、結果が伴わなくても、受験を通して色々なことを学び、成長できた時点で皆さんはすでに成功しているのです。

どんな結果であっても、頑張った自分を褒めてあげてください。

あなたの受験生活は、大成功です!

 

<<明日の開館時間>>

11:30~21:45

<<明日のブログ>>

若木担任助手

 

 

 

 

過去の記事