1番のアドバイザー?! | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 9月 4日 1番のアドバイザー?!

 

 

こんにちは!

最近、自室に自分らしさがほしいと突如思い始めました柳澤です。

他の担任助手の自室はどんな感じなんですかね。知りたいような知りたくないような気がします。

 

今日は少し自分の話から入ります…。

担任助手をやっているといろいろ質問とか相談してもらえることがあるのですよね

そういうとき、良いアドバイスしたいなって思うんですけど

良いアドバイスって難しいんですよね

例えば、

 

模試前に緊張している人

 

 

 

 

「緊張するな!緊張していたら結果でないよ!」

 

 

 

と言っても、言われた本人は緊張している自分をさらに意識してしまったり、

「結果出ない」という消極的なイメージを作ってしまい

模試前からなんだか失敗しそうな雰囲気になってしまいそうですよね。

 

 

「今日は何も考えずにゆっくり寝て明日に備えよう」

「席に着いたら好きな音楽を聞くと元気が出てくるよ」

「甘いもの食べたら落ち着くよ」

「緊張していても本番になったら問題に集中しちゃうから大丈夫」

 

と声をかけれればその子は次の行動が分かって違う気持ちになるかもしれません。

 

少し調べたのですが

良いアドバイス悪いアドバイスの違いは

明確で実践的な段階を踏んでいるかによるようです。

抽象的に指摘するのではなく、

具体的に次の行動が明らかになるアドバイスの方がよりその人の行動に結びつきます。

 

 

私はみんなの良きアドバイザーでありたいと思う一方で

みんなには自分自身の最高のアドバイザーであってほしいと思います

 

過去問で点数が取れない時、

 

自分自身に「こんなんじゃだめだ!もっと高い点数を取らないと」

と抽象的な指摘では前にはなかなか進めません。

 

自分にストイックになること、自分を合格者と比べることはもちろん必要なことだと思いますが、

そこで志望校を諦めるか迷ったり、ただただ焦る時間はもったいないと思います。

 

その時間を過去問の分析、これからの作戦計画建てに使えるのならばそっちの方が

少しでも合格に近づきます。

 

みんなには常に自分自身を良い方向に、少しでも合格に近づけるように導いていける

1番の存在でいるようにしてほしいです!

 

私たちもよきサポーターであり続けられように努めるので何か悩みがあったら気軽に相談してください(^^)v

 

明日の開館時間☀

11:30-21:45

☀明日のブログ☀

asami担任助手