野原です、こんばんは。 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 2月 10日 野原です、こんばんは。

昨日の伊澤担任助手のブログは読みましたか?

彼にとっての忘れられない日のことについて書いてありましたね。

実は、私にも忘れることの出来ない日があります。

去年の2月13日。

早稲田大学国際教養学部の試験当日。

私の第一志望の受験日でした。

緊張して手が震えていましたが笑顔で家を出て試験会場に向かいました。

1科目目は国語でした。どうしてだろう。全然手ごたえがありませんでした。

2科目目は世界史。まあまあかな。次は一番大事な英語。切り替えていこう。

最後の英語になりました。

なんと、問題形式が変わっていました。

あんなに過去問解いたのに。8割取れるようになったのに。

平常心を保っていたつもりでしたが、内容が頭に入ってきませんでした。

が、あきらめずに何とか最後まで解き切りました。

ああ、終わった。第一志望が終わった。

解き切った。何ともいえないような感情でした。

 

試験が終わり、そのまま東進に向かいました。

そこで、グループ面談が一緒でずっと支え合って頑張ってきた友達に会いました。

その子の顔を見たとたんに涙が止まらなくなりました。

 

悔しくて悔しくてたまらなかった。

あんなに頑張ったのに。

誰よりも努力して自信を持って臨んだのに。

国教に入りたいという気持ちは誰よりも強いのに。

受験生活を通して初めて泣いた日でした。

今でもあの日のこと、慰めてくれた友達のこと、悔しかったこと、思い出すと涙が出そうになります。

 

わたしは第一志望校に合格できませんでした。

 

みなさんにはこんな悔しい思いをしてほしくないです。

努力は裏切らないと言いますが、それは本当だと思います。

ただ私には、自信が欠けていたのかもしれません。

どこかで自分を客観視して、厳しいんじゃないかとか、受からないんじゃないか、とか決めつけていたのかもしれません。

 

みなさん、努力は誰でもしています。

その中でも、最後に勝つのは気持ちが強い人です。

自分を信じてあげられる人に勝利の女神は微笑むと私は思います。

 

どんな結果であっても努力を続けてきたみなさんに悔いは残らないと思います。努力は決して無駄にはなりません。

しかし、最後は笑顔で終わってほしい。

受験が終わる最後の日まで、試験終了の合図がなるまで、最後まで、自分なら出来ると信じてあげてください。

君たちなら出来ます!大丈夫。

最後の最後まで、頑張れ!!!

 

 

 

<明日の開館時間>

10:00~21:45

<明日のブログ担当>

大谷担任助手