明日はきっといい日になる | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2016年 11月 24日 明日はきっといい日になる

こんにちは! 担任助手の西方です。

僕も先日、理大祭に参加してきましたよ!笑

野田は遠かったのだが、学生と地域住民の方々の関わり合いが温かいと思ったのだ

東京理科大でとても盛んなよさこいソーラン部のステージが圧巻でした。。。

 

今日は、心を整える話をします。

3年生のみなさん、だんだんと寒くなり、受験勉強をしていると、ひとり孤独に感じることも多いかと思います。あぁ、本当に受かるのかなぁ、、、去年の自分もそう不安に思いながら下校したものです。

本番直後もまだ分からない合否結果という未来のため、今日の勉強が本当に実力になっているかも定かでないけれど努力しなければ合格はない、、、

そんな不安定な精神状態、ツラいですよね。これがあと3か月は続きますよ。。

だから、心の持ち方ってとても重要だと僕は思います。

【自分の感情に素直に、客観的に】

これからの時期、というか、生きる上で自分と上手く向き合うためには必要だと、僕は受験勉強を通じて感じました。

ex)模試の成績にかなりショックで何にも手がつかない。周りのライバルと比べて、違う勉強をしているから不安。。だから、好きな科目をやって気を落ち着かせよう!

というような、自分の感情に素直になるのは大事ですね。

そういう時に、自分はここまで追い込まれると何もしなくなるから、間に好きな科目をはさもう!など、自分の感情を客観的にとらえることは、さらに重要です。

 

サッカーの長谷部誠選手の本、『心を整える』に書いてあったのですが、

ピンチの時に落ち着いて次の一手を出すためには、

【最悪の状況を想定する】ことが必要だそうです。

最悪の状況になったら、どんな手段で、どんな段取りで解決するかを考える。

そうすれば、ピンチになっても、最悪の状況ではないからまだ大丈夫だ。と余裕を持てるそうです。

 

ことあるごとに、「病み期」に入っている人はいませんか?自分の感情をコントロールできていますか。

ゆっくりお風呂に入って寝る。心を整える。

今日上手くいかなくても、明日はきっといい日になるから。

あなたの笑顔を見たい人はたくさんいますよ。

ひとりじゃないから。あと少し、やってみよう!

 ◎明日の開館時間◎

11:30~21:45

◎明日のブログ◎

篠木担任助手

 

 

 

 

過去の記事