文化祭に行ってきました。 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 9月 30日 文化祭に行ってきました。

こんにちは、浅見です。

今日は普段と趣向を変えて、後輩の文化祭に行ってきた話を書こうと思います。

 

まず初めになりますが、私は担任助手が後輩の文化祭に行っていいものとは実は思っていませんでした。そのため、先日酒井担任助手と石橋担任助手に誘われた(詳しくはお二人のブログを参照してください)際には「えっ、行っていいの!?」と思いました(笑)

残念ながら江北高校や足立高校には行けませんでしたが、今回自分の担当の生徒の文化祭に行けたので、報告します。

(自分の担当の生徒の中には1学期に文化祭がある学校もあるみたいで、そちらにもお邪魔したかったです…。)

 

今回、私が向かったのは北千住にある足立学園です。

酒井担任助手の出身校でもあり、ここから西新井校に通っている生徒が何人もいます。

自分は現在に至るまで共学で過ごしたのですが、ここは男子校。共学とはまた違う熱気を感じました。

 

(ここから本来は画像を掲載したかったところですが、Tくん本人による写真を掲載しないでくれという切実な希望により、文章のみとなります。読者の皆様におかれましては、どのような状況であったか文章から各自想像をしていただければと思います。)

 

さて、事前に教えてもらった時間と場所を目指して校舎を移動します。

そして着くと、そこには行列が!

この並ぶ時間も文化祭ならではですね。自分の最後の参加がちょうど1年前なので、懐かしかったです。

 

今回お邪魔したクラスでは、綿菓子を作っているとのことで、期待しながら待ちます。

並ぶこと50分ほど、自分の番になりました。ここで後輩のTくんに合流。

 

実際に綿菓子を作ってもらったのですが、その作る過程を見るのが楽しかったです。

割り箸の先にまず核となる部分を作ってから、いつも見ているような、あのふんわりした形を目指して細く綺麗な砂糖の糸を巻き取っていく。

出展するにあたって、しっかり学んだのかな、と思いました。

勿論ですがお味はNice! でした。

 

その後、自由時間に学校の案内をしてもらい、解散しました。

 

 

 

今回お邪魔した感想は、やはり自分は自分の出身校の事ばかりしか知らなかったという事です。

やはり高校までは対人関係が自分の学校の中だけで完結しがちだったので、他の学校の文化祭に行くという事があまり無く、視野が狭かったなと思いました。勿論自分の出身校はとても楽しかったのでそれはそれでいいのですが(笑)

ただ、今回の出店も自分の高校では絶対になかった企画ですし、高校の文化祭でそういった内容に触れられたのは自分にとって有意義な体験でした。

先輩や同級生から学ぶことは沢山ありますが、同時に後輩からも色々な事を知ることができると確信した1日となりました。

 

大学生になり、私の対人関係も変わりました。知っている人が増えたのは勿論ですが、色々な場所に友人が散り散りになり(高校を卒業しましたから…。)、学んでいることも見ているものもみな違います。

私自身が他の人に何か有意義な体験をお話しできるように、毎日を積極的に生きるのと同時に、環境が変わっても今の仲間たち(これから卒業する後輩も含めて)と何かしらの接点を持ち、お互いの知らない体験を共有できればいいなと改めて思いました。

 

明日の開館時間

8:30-19:00

明日のブログ

篠木担任助手