志望校の決め方(橋本) | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 5月 22日 志望校の決め方(橋本)

 

こんにちは!ダイエットをしようと思っているけれどなかなかできない橋本です!

 

今、みなさんはテスト期間ですか?

もう終わった!という人もこれから!という人も受講高速基礎マスターは止まっていませんか?

テスト前でもテスト終わった直後で休みたいときでも受講高速基礎マスターは必ずやるようにしましょう!

 

さて今日は私の志望校併願校の決め方を紹介しようと思います!

志望校の決め方について

私は高校の授業で志望校を調べたりする機会があったのでそこで将来やりたいことを考えました。

私の場合、管理栄養士という特殊な職業に就きたく大学がかなり限られました。また、管理栄養系の学科がある大学はほとんどが女子大でした。

そこからインターネットなどで良いと思う大学を絞り、オープンキャンパスに行って自分の目で見て志望校を決定しました。

私のように将来やりたいことが決まっていない人は大まかでも良いので決めてみると志望校決定もスムーズになると思います。やりたいことがどうしてもないという人は趣味やこれなら積極的にできる!というもので考えてみると良いと思います。

 

併願校の決め方について

併願校は第一志望校と入試科目が同じで入試日程が被らないことを踏まえて考えます。

私は私立大学志望だったので入試科目を英語・現代文・生物だけに絞りました。少な!と思われると思います。

たしかに数学や古文も入試科目にすれば併願校の幅も広がっていました。大学のネームバリューを気にして古文を入試科目にするかとても悩みました。

ですが私の性格上、科目数が多いと手が回らなくなって成績も思うように伸びなくて負の連鎖に陥ってしまうのではないかと思い入試科目を厳選しました。

入試日程に関しては、滑り止めが第一志望校の前に数校あると緊張しすぎずに第一志望校に臨むことができます。私は第一志望校の入試前にブランクがないように2日連続にして日程を組みました。しかし、連続になりすぎると体力が持たなくなり、第一志望校で本領発揮することができなくなってしまうので要注意です。

人によって入試科目入試日程の決め方には違いがあると思うので参考になりそうな人に詳しく聞いてみると良いです!

 

皆さんには志望校に合格してもらいたいと心から思っているので困ったことなどがあったら気軽に話しかけてください(*^_^*)

 

それでは夏に向けて頑張っていきましょう!!

 

 

明日の開館時間 

11:30~21:45

明日のブログ担当担任助手

橋本凌我担任助手

 

 

最新記事一覧

過去の記事