失敗から学ぶこと=過去問編= | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2016年 11月 5日 失敗から学ぶこと=過去問編=

こんにちは!

 久しぶりのブログ登場です^^

この前、母校の高校に帰ったら先生に太ったねと言われてショックでした…。

担任助手の梅田侑奈です!

この冬は運動して痩せます(とか言って2月からカナダに行くのでどうなることやら… 😥 )

 

11月に入り、一気に寒くなりましたね

今年はマイコプラズマ肺炎が大流行しているようです!

受験生にとって体調管理は受験勉強のうちですよね

手洗い、うがい、マスクの着用はもちろん、

睡眠時間をしっかり確保して、ご飯も三食しっかり取って下さいね!!!

 

さて、全統も終わり11月。

 

受験生生活も残すところあと3か月ほどです。

ここからは本格的に志望校対策に入るころですね。

 

過去問対策について私はたくさんの失敗談を持っているので、今日はそれを紹介しようかなと思います。

是非参考にしてみてください。

 

まず一つ目

過去問の計画立てをしていなかったこと。

どの大学の過去問をいつから始めて、いつまでに終わらせるかを決めていませんでした。

行き当たりばったりで進めてしまったので、第一志望校の過去問を2周やりきることが出来ず、

過去問対策を徹底できずに本番を迎えてしまいました。

だからなるべく明確な予定立てをしておきましょう。

各GMにて過去問設計図が配られたと思いますから、しっかり活用してください!!!

 

二つ目

受講の復習(確認テスト・修了判定テスト)に手を抜いてしまったこと。

前に何回か私のPOSをお見せしたのでわかると思いますが…。

冬期の講座は志望校対策の内容がほとんどです。

また、基本的な内容も多く、一般入試には欠かせない知識がたくさん。

確認テスト、修了判定テストに合格していないということはわからないものを残しているということです。

また、ここをやり残してしまうと自分の中で不安要素となってしまいます。

それを防ぐためにも確実にSS合格まで持っていきましょう!

三つ目

過去問を分析し、足りないところを補う勉強が足りていなかったこと

 過去問を解くことでわかることってたくさんあるので、果敢に挑んでいいと思います!

どういう出題形式で自分はどの分野が苦手なのかをしっかり把握し、そこを対策していく。

そして自分にまだ足りないところを参考書や受講の復習などで補っていく。

1つ目と関係していますが、計画立てを怠っているとここに時間がかけられない。

だから計画を立てるは本当に大事!

 

残された時間はわずかです。

迷ったり、悩んでいる時間、自信がないと言っている時間は正直ありません。

いかに効率よく、計画的に勉強が進められるかが勝負になってきます。

可能性はいくらでもあるのでその可能性に懸けて、一生懸命勉強しよう!!!

ここで受験期の私のある一週間の振り返り

 

こんな感じで自分で自分をエンカレッジしよう!笑

めちゃ恥い。

 

✍明日のブログ✍

若木担任助手

✍明日の開館時間✍

8:30~19:00