大学紹介~明治大学国際日本学部編 Part2~ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 5月 23日 大学紹介~明治大学国際日本学部編 Part2~

☀こんにちは☀

担任助手の野原です!

本日の最高気温は28度

珍しく日焼け止めを塗ったら白くなりすぎて顔面に砂を塗ったみたいになりました!

 

さて、前々回の野原のブログで国際日本学部【通称: 国日またはGJS(Global Japanese Studies)】について紹介して、続きはまた次回紹介すると書いたので本日は授業内容について紹介したいと思います。

国日の授業はほぼ英語だと前回紹介しましたが、英語以外の授業ももちろんあります!

こちらは野原の時間割です。

必修以外はわたしの興味のある授業を取ったので偏りはありますが…

日本社会システム論

近代日本の文芸

フランス文化論

比較宗教論

ジェンダーと表象

世界のなかのアフリカ

漫画文化論

東アジア芸術論

言語と文化

いろいろありますが、

世界だけでなく日本についてもしっかり学べる学部だということがわかると思います。

この中でも私が一番面白いと思う授業TOP3を紹介します。

3. 漫画文化論

私はONEPIECEという漫画が好きなのですが、作者は漫画の中で、ドンッ!!という効果音(オノマトペ)をよく使うんです。作者が使用するオノマトペで漫画の印象が変わったり、日本語のオノマトペが海外版になるとどういう風に変換されるのか、などいろいろと学べるので漫画がすきな方にとってはとても興味深い授業だと思います。

2. 世界のなかのアフリカ

私は国際系の学部に通っているので元から外国には興味があります。生きているうちにいろいろな国に行ってみたいと思っていますが、いちばん興味のあるところはアフリカです。特に理由はないのですが、黒人がとても好きなので行ってみたいです。アフリカに何十回も行ったことがある講師の方が授業をして下さるので、私たちが知らないアフリカの生活や現状など細かいところまで知ることが出来ます。私はこの授業を受けるまで、アフリカはとても治安が悪いところだと思っていたのですが、その講師の方は一度も犯罪に遭ったことがないし、現地の人々は日本人並みに優しいと聴いてますますアフリカに興味を抱くようになりました。

1.  ジェンダーと表象

この授業は、教授の専門がLGBTQ(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア)いわゆる性的マイノリティなので主に、同性愛とはなにかとか性同一性障害とはなにか、などについて学びます。今の時代、まわりにはこのような人がたくさんいます。わたしの友達にはいないと思っていても、あなたには打ち明けていないだけで、20年間生きていれば絶対に会っていると教授はおっしゃっていました。こういうことって知っておいた方が人生の幅が広がって考え方も変わると思います。とても面白い授業です。

 

以上で野原のオススメの授業紹介を終わります。

 

夏にはオープンキャンパスがあるので自分の志望校は絶対に行った方がいいです!

モチベーション上がること間違いなし!

1.2年生でまだ志望校が決まっていない生徒は、少しでも気になる大学・学部があったら行ってください!3年生になるといくつも行く時間がなくなるので見に行くなら今のうちです!ぜひ!!!

 

 

明治大学オープンキャンパスの日程を載せておきます(^O^)

駿河台キャンパス 8/2(水)・8/3(木)・8/4(金)

法学部・商学部・政治経済学部・文学部・経営学部・情報コミュニケーション学部

生田キャンパス 8/8(火)・8/9(水)

理工学部・農学部

中野キャンパス 8/22(火)・8/23(水)

国際日本学部・総合数理学部

 

明治大学(中野キャンパス限定ですが…)のオープンキャンパスに行きたい方がいれば言ってください!私が案内します!!!ぜひぜひ!!!

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ

鄭担任助手

 

過去の記事