大器晩成 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 5月 1日 大器晩成

こんにちは!
早稲田大学 文化構想学部3年
担任助手の西方就也です(+^o^)/

居石くんに続き、僕もブログを書くのが最後になってしまいました。

僕は高1の3月に東進に入ったので、約4年間も西新井校にお世話になりました。

長い間いたため、本当にたくさんの方にお世話になりました。当時の池上校舎長、村田先生、貝掛先生、そして中山校舎長、担任助手の方々、そして現在の東進生、毎日僕に挨拶をして下さるだけで幸せでした。本当に、ありがとうございました!!!

さて、タイトルにもありますが、僕の座右の銘は、「大器晩成」という四字熟語です。

僕は中高生の時から、自分に自信が持てずにいました。
自分にはいわゆる「才能」や「センス」という物がないので、すぐに結果を出す人のことを羨ましく思っていました。
ちょっと勉強しただけで点数が取れるヤツがいたり、
すぐに上手くなっていくサッカー部のヤツがいたり、
いつも運がいいヤツがいたり、
人を笑わせるのが上手いヤツがいたり、
すごくモテるヤツがいたり、
何でも出来るヤツがいたり、、、
なんか、みんな生きるの、上手いなぁ…と感じていました。
そんな人たちと比べると、自分って何も無いなぁ…と自信を持てなかったのです。

でもねぇ、悔しいんですよ。負けたくないんですよ。
自分は、勉強しても全然伸びないし、
練習してもなかなか上達しないサッカー部員だったし、
運がないから目立たないし、
つまらないことしか言えないし、
全然モテないし、
こんな何にも無いくせに、理想だけは高いので、こんな自分でもデカイことがしたいんだ!
そんな思いでいました。

そんな僕を支えてくれたのがこの言葉なのです。

才能やセンスが無くてもいい。その代わり、誰よりもコツコツ積み上げてやる!!!
少しずつ、少しずつ、休まずに、休まずに、頑張ろうと思っていました。

一気に頑張って結果を出すという才能がない僕には、「時間」が必要でした。
そして、センスがない僕には、「工夫」が必要でした。
さらに、自信のない僕には、「計画」が必要でした。

皆よりも多く自主練をして時間を増やしたり、
自分が面白いことを言わなくていいから、相手のペースで相手のツボをおさえて話を聴いて工夫したり、
1日1回は女子と話そうと計画したり、
中高生の自分は色々とやりました。

実際に、それで結果が出なかったことも多いです。諦めなくても叶わないことは結構ありました。


だけど、勉強は裏切らなかった。
それこそ、勉強に関してだけ自分の運が良かったのかもしれませんが、
少なくとも、高1の3月に東進に入ってからは、
勉強しない日は無かったし、
効率の良い勉強法を常に探していたし、
毎日スケジュール帳を書いていました。

そのおかげで、生きたかった大学に合格することができました。
初めて自分に自信を持つことが出来たのです。
そればかりか、誰かを喜ばせることまでも出来たのです。
早稲田大学に合格した知らせを聞いて、電話越しに涙する祖母の声は忘れられません。


中高生の頃から信じ続けてきたこの言葉をもとに、
大学に入って3年目になっても生活しています。

コツコツ積み上げても結果が出ずに、悔しい思いをしたこともあります。
結局恵まれた人間が勝ち進む、世の中の不条理も見てきました。
だけど、そこで積み上げたものは、他の大器を晩成させるのに活きてきた経験もあります。凄いことをする人は、やっぱりコツコツ少しずつ積み上げた人だ!と信じ続けるしかない!


そんな思いで生きてきたので、東進でも頑張って来れたかな笑と思っています。


このブログが、ちょっと頑張るきっかけになれたらいいと思います!!!

西新井校のみなさん、お世話になりました。これからも応援しています!

 

◎明日の開館時間◎

11:30~21:45

◎明日のブログ◎

野原担任助手

 

最新記事一覧

過去の記事