夏後の勉強法について | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 8月 31日 夏後の勉強法について

こんにちは。思い出と希望は捨てない派。担任助手の久保井です。

 夏休みは最終日となりました。

受験生の皆さん、自分が満足できるくらい勉強できましたか??

自分に合格点をつけられなかった人も中にはいると思います。

受験までの残り5カ月、まだまだ勉強する時間はあります!挽回しましょう!!

さて、今日は夏後の勉強法について話したいと思います。

9月以降の僕の英語の勉強法を紹介します。

東進での9月以降の勉強としては、まず、第一志望校だった明治大学国際日本学部の問題を解いてみました。もちろん全然できませんでしたが、今の自分の立ち位置、学力レベルを再確認できました。第一志望校の問題を解くことをオススメします。

冬期の講座を取り、毎日校舎に来て受講していました。この時期意識していたことは絶対に毎日一つ長文を読むことです。一日でも長文を読まないと英文を読む力が衰えてしまうと思っていましたし、毎日英語に触れることが英語の力を向上させると思っていたからです。

センター過去問演習講座を取得している方はぜひ1日1長文をやってみてください!

また、9月以降も毎日単語・熟語の復習をしていました。人の記憶はすぐに忘れてしまうので、単語・熟語が完璧だ!という人も必ずやってほしいです。

冬期の講座が終わったら、私大の過去問演習を始めました。 過去問を最初に解いた時は、出来なさすぎて本番までに解けるようになるのか不安になりました。担任助手の先生は慣れていけば出来るようになると言っていて、半信半疑ではありましたが毎日私大の問題を解いていました。

ですが、今僕が同じように生徒に質問されたら同じように答えると思います。慣れていけば必ず出来るようになります!!ですが、ただ問題を解いて、次の日に違う問題解いていてもいつまでたっても出来るようにならないと思います。私大の問題はセンターより難しい文章が出てくるので、しっかり復習して音読する必要があります。

受験まで残り5か月。皆さんはどう捉えますか??

5か月をどう過ごすかで、楽しい大学生活が待っているか、もう一年長く受験生活を過ごすかが変わってくる。と言っても過言ではないと思います。悔いが残らないよう、一日一日を大切にしましょう!!

 

☀明日のブログ☀

伊藤担任助手

過去の記事