受験生必読!!! | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2015年 12月 5日 受験生必読!!!

高3生諸君! 

センター試験まで今日を含めて残り42

そんなみんなに覚えておいてほしいことがあります!


このあたりから強めに意識しておく必要があるのは、


【 勉強の優先順位は、日に日に変わっていく 】


ということです。


つまりここから先、試験本番の

40日前→30日前→20日前→10日前→1週間前→3日前・・・

という形でどんどん時間が進んでいくわけですが、

そのときどきのステージにおいて、

重視すべき勉強の「優先順位」はかなり違ってくるということ。

 

受験勉強というのは、最終的に

あらゆる勉強をオール完璧に

やり終わらせることはできません。


これが中間・期末テストなら

範囲が決められているため

完璧に終わらせることもできるかもしれませんが、


受験勉強はすべての科目の全学習を
「本当の意味で」完璧に終わらせるのは
非常に難しいです。

(参考書を完璧にやり終えるのを
目指すこと自体はいいですが)


そもそも全部を完璧に
終わらせなくても合格できます。

受験とはそういう戦いなのです。


とくに直前期には刻一刻と本番がせまってくるので


「どの勉強を優先的にやっていくか」


という判断が大きく問われます。

 

直前期はそれを

強く意識しているかいないか、

それがうまいかどうかで、

結果(本番の点数)も大きく変わってきます。

 

したがって、
直前期の勉強の優先順位は、

40日前と20日前と1週間前と2日前とでは

違ってくるのは当然です。


「あと4週間しかないけど、まだ頑張れば

Aの勉強とBの復習とCの演習もやれるはず!」


などと思って勉強しているかもしれませんが、


そこから2週間ほどたってくると、

状況は予想と変わってくることも多いです。


すると残り3週間の時点で
あらためて考えてみると、


「あと3週間だから、

Aの勉強とBの復習はできるけど、

Cの演習は全部はもう無理だな。


Cの演習は過去問でも代用できるから、

ここからはCの演習は最小限にしよう」


などと対策を変えた方が良くなったりします。


この

「状況の変化」を察知できるかどうか

が重要です。


またそれ以前に、残り時間とともに

そういう「状況の変化」が起こる

ことを理解していることも大事。

 

それはもちろん
「1つの科目」の中でも起こりますし、

「受験する科目全体」の個々の進み具合にも

各科目が影響を受け合って変化します。


その全体の状況変化に合わせて、

やるべき勉強の優先順位も
変わっていきます。

 

このように残り時間が減っていくにつれて、

——————————–

「状況の変化」とともに

「優先順位も変わっていく」

——————————–


ことを頭のど真ん中に入れておいてください。


それを理解しておけば、必然的に、

残り時間に合わせて勉強の力の
入れどころも見えてくるようになります。

 

というわけで、直前期は常に

「残り時間」と「勉強の進み具合」

をチェックしながら、

状況の変化に合わせて、
全科目の勉強の

「優先順位」「時間配分」

を強く意識しながら勉強しましょう。

 

「頭を使って賢く勉強する」

というのは、そういうこと。


何も考えずに流れ作業のように勉強をやっていくと、

受かるものも受からなくなりますからね。

 

以上!最後まで読んでくれてありがとうございます!
あるブログの記事にとても共感してみんなにも知っておいてほしかったので記事にしました。

成人式に出るかとても迷っている担任助手の岡でした 😮

 P.S. 1.2年生へ

12/17無料公開授業あります!講師は安河内先生です!

↓↓↓詳しくはコチラ!!!↓↓↓

 

最新記事一覧

過去の記事