受験生の皆さんへ【荒井】 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2018年 1月 9日 受験生の皆さんへ【荒井】

こんにちは!cos(θ-π/2)の計算を間違えて15分以上悩んだ荒井です!
自分の計算力の衰えに悲しくなりました(T_T)

受験生のみなさんは計算ミスしないような勉強をこころがけてください!

今日は、荒井から受験生のみなさんに伝えたいことがあります。
それは、最後まで諦めずに受験をやりきってほしい ということです。

去年担任助手として、受験生を見ていて、

大きくふたパターンにわかれていると思いました。
それは、受験が終わって、一年間やりきった!という人と、
もっと頑張れた、どうしてそこで勉強から逃げてしまったんだろう…と後悔する人です。

第一志望合格と受験勉強をやりきったというのは同じではありません。
第一志望に行きたいから、朝早くから勉強したり、難しい内容に立ち向かったりと
目標に向かって今自分ができる努力を積み重ねてきた人が、受験終わったあと、
「やりぬいた!」という達成感を感じるのだと思います。
たとえ結果として第一志望に合格できなかったとしても、勉強をやりきった人は

大きく成長していて、こんなに人って変わるんだなぁと驚きました。

人生のなかで死ぬほど勉強する時期なんて数回ぐらいです。
ここでやりきれない人は、一生やりきれないし、一生後悔します。


みなさんには、受験が終わってから後悔してほしくありません。
そのためにも、センターや入試直前まで勉強してください。
たとえ集中力が続かなくても机に向かってください。
今までの努力が結果として出るか不安にもなるでしょう。
その中でも自分を強く持って今までやってきたことを今まで通り続けてください。

また、センター試験や二次試験の本番で、問題の手ごたえがなかったり、

あとから前の科目のミスに気付いたりすることも出てくるでしょう。

そのときも、気持ちを切り替えて、試験が終わるまで全力を出し切ってください。
先輩や友達からも、試験での失敗に引きづられて、実力を出し切れなかったという話を聞きました。
最後まで合格を諦めずに1点をもぎ取る姿勢が合格を呼び寄せます。

 

最後に    
みなさん自信を持ってください。
これまで、うまくいかないときもありながらも、努力してきたと思います。
努力してきたことは何があっても変わらない事実です。
緊張感で自分が合格できるか弱気になるときもあるでしょう。
そのときも、今まで自分は勉強してきたんだから、

自分は合格できると自信をもってください。
多少楽観的な見方だとしても、自信をもって試験に臨むことが、自分の実力を出し切ることにつながります。
自分を信じて最後までやりきってください。


FIGHT!!!!!!!!

 

明日の開館時間

11:30~21:45

明日のブログ

酒井担任助手