今をどう過ごすか。 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2015年 11月 12日 今をどう過ごすか。

こんにちは! 担任助手の寺崎です。 🙂

他の担任助手がブログで述べていたので知っている人もいると思いますが、私が通う大学で11月7,8日二日間学園祭(早稲田祭がありました。 😛

私は特に出し物などをせず、友達とただまわっていただけなのですがとても熱気があって楽しめました

有名人が来ていたり、学生たちがいきいきとパフォーマンスしていた&ブースで出し物をしていたり、、、 😯

活気がある早稲田の別の良い一面が見られたので良かったです 。

ちなみに、来年こそは私が所属するタップダンスのサークルで舞台に出たいなと思っています!!

 

ところで、今回はタイトルにもある通り今の時期の過ごし方について学年別にお話したいと思います。」

高校3年生

今の時期は多くの人が過去問に時間を割いていると思います。また、各自で予定を立ててそれに基づいて進めている人がほとんどだと思うので、今回は私なりの過去問のやり方をお伝えしたいと思います。ただし、あくまで参考程度にしてくださいね

Q1:解いた過去問の復習にはどのくらい時間をかけた

⇒私の場合は時間をあまり気にせずに徹底して復習をすることを重視していました。1周目のときにしっかりとやっておけば2週目のときに軽く済むと思います。また、過去問こそが最高の参考書なので徹底的に分析&傾向をつかんでいくことをオススメします。自分なりの理想像(時間配分や解く戦略)を形作り、それに向かって修正していきましょう。

Q2:社会科目は覚えてから過去問をやるべきか、英国と並行して進めるべきか

⇒私の場合は並行して進めていました。どちらかというと過去問を解いて傾向をつかむ&苦手な分野を把握して固めるようにしていました。一度止めて覚え直しをしてから進めるという人は、きちんと期日と範囲を決めることをお勧めします。そうすることで、先延ばしをして終わらないという事態を防げると思います!

後は、東進の過去問データベースを活用したり、英作文などの記述はきちんと添削してもらったりしましょう!時間をいかに有効に使っていけるかが重要になってきますよ。

 

高校1、2年生

高1:受験本番まではまだまだ時間があります。つまり、今からやっておけば凄いアドバンテージになると思います!逆に言うと、せっかく早くから東進に入学したのですから、今から受験勉強を始めないのはもったいないですよ。まずは、高速基礎マスターや受講、確認テストなど基本をしっかりやることを忘れないでくださいね

高2:そろそろ、高3生(受験生)になりますね。ちなみに、東進ではもう受験生として扱うことになっています。このまま3年生になっても後悔しませんか?それとも今の自分に満足していますか?なかには、きちんとスタートダッシュを切れている人もいると思います。まだ、スタートダッシュを切れていない人は変わるなら「今」ですよ!基本を高2生のうちに固めておくことが高3生になった時に強みになると思います。まずは、英国数の主要科目を固めていきましょう。高マはその前提なのでしっかりとやりましょうね。