ルーティン | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 9月 9日 ルーティン

皆さんこんにちは。

担任助手の伊藤です!

もう少しで大学に入ってはじめての夏休み終わろうとしています。

私の夏休みといえば、、、、、、、、

あまり高校時代と変わらずな感じでした。

朝は6時に起きて朝ごはんを食べて、部活に行って、帰宅して、東進に行って、帰って、ごはん食べて、お風呂入って、寝る。みたいな。

高校生並みの規則正しい生活をしていました!

さて、皆さんは何かルーティンを決めていますか?

部活だったり勉強だったり日常生活だったり、、、、

その前に、ルーティンとは何か知っていますか?

ルーティンとは決まり切った手続きや仕事。日課。定常処理。のことです。

ルーティンの効果としては、常に同じことを習慣化することで、違う環境に身を置くことになっても平常心が保たれいつも通りの実力が発揮することできるなどがあります。

例えば、イチローの場合は

バットをぐるぐる回したり
バットを目の前に出して袖を引っ張り
投手との距離感を測る
などのルーティンを打席に入るとやっています。

ラグビーの五郎丸の場合は


①ボールの感触を確かめながらボールを2回まわしてセット。
②助走は後ろへ3歩、左へ2歩。
③右手でボールを前に押し出すイメージの動作。
④下半身の力を抜く意識をする動作。
⑤キックの瞬間、前方へ体重移動。
というルーティンがあります。

このように、一流アスリートも自分なりのルーティンを決めてやっています。

私は、受験生時代にあるルーティンを勉強前に取り入れていました。

そのルーティンとは
1、今日のコラムをやる。
2、高速基礎マスターの1800の修判を受ける
3、間違えた単語の復習
4、高速基礎マスターの熟語の修判を受ける
5、間違えた熟語の復習

以上のことを毎日行います。
雨が降ろうと、台風が来ようと、お腹が痛かろうと、試験本番であろうと!

これを続けていくうちに、なぜかこれをやらないと気持ち悪くて勉強する気になれませんでした。

また、試験本番もこのルーティンをやって臨むことで平常心を保つことができました。

皆さんも自分のルーティンを決めて、自分の実力がいつでもどこでも発揮できるようにしましょう!

明日の開館時間

8:30-19:00

明日のブログ

久保井担任助手

 

過去の記事